1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ソウル(韓国)グルメ
  5. パクスンレ・ソン・マリコギ山井家(光化門店)の現地クチコミ
ソウル (韓国) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(12人)詳細

Bagsunlye son mal-igogi sanjeongjib (Gwanghwamun Store) パクスンレ・ソン・マリコギ山井家(光化門店)

らぶこ (ライター)

韓国・原州の名物料理マリコギがソウルでも食べられる!?

  • 韓国料理がおいしい
  • 地元っ子に人気

江原道の原州で有名なマリコギ。
原州といえば、韓国のブランド牛「韓牛」の産地。
わけぎとセリ、エゴマの葉を「韓牛」の薄切り肉で巻いた料理がマリコギです。

ご当地グルメですが、原州「山井家」の支店がソウルのオフィス街にもあり、その味を堪能できます。

注文するとテーブルの上の鉄鍋にマリコギとエリンギを並べて火を入れるのですが、一人前は15個で20,000ウォン。二人前からの注文になります(観光客のように遠くから来店した場合のみ、特別に一人前でも提供可能)。

一見するとかなり量が多い印象ですが、牛肉よりも中に巻かれている野菜のほうが多め。
そのせいかアッサリしていて、タレをつけるとペロッと食べられます。
セリとエゴマの葉の風味も楽しめて、これだけの量があっても味に飽きることはありません。

〆は珍しいテンジャンポックンパプ(味噌の焼き飯)。
味噌チゲが2,000ウォンで、ご飯が1,000ウォンになります。

肉を焼いたあとの鉄鍋に味噌チゲと雑穀米を入れて焼くのですが、実際は焼き飯というより“味噌チゲの雑炊”といった感じ。美味しかったです。

12時~14時のランチ時は「マリコギ5個+ご飯+テンジャンチゲ」の特選ランチ(8,000ウォン)もオーダー可能。
ご飯を焼き飯にはできませんが、少食の方にはいいかもしれません。

場所は地下鉄5号線「光化門駅」1番出口より徒歩1分。
昼時はサラリーマンが多く、お店で準備していたマリコギがすべて出てしまうことも。
日本語不可のお店なので、事前にホテルから予約を入れてもらうのが確実です。

2016/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。