1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンコク(タイ)ショッピング・お土産・買い物
  5. ビッグC (ラチャダムリ店)の現地クチコミ
バンコク (タイ) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

Big C (Rajdamri) ビッグC (ラチャダムリ店)

バンコクBOO (タイ在住ペットブリーダー兼ブロガー)

庶民と旅行者の味方!アクセス至便な大型スーパーマーケット

  • バラマキ系お土産おすすめ
  • 穴場

バンコクの中心地にある庶民用大型スーパーマーケット。バンコクだけでも数十箇所に支店があり、タイ全土に支店を持つスーパーマーケット。通常大型のスーパーマーケットは郊外にある店舗が多いが、こちらは旅行者の行きやすい立地で便利である。またスーパーマーケットと言うと、現地の人用と想像しがちだが、衣料、酒類、果物、調味料、そしてばら撒きお土産になるB級お菓子の宝庫。デパートと違い、取り扱っている商品も安価な物が多い。

実際にどんな物が売っているかというと、ビルの1階部分はテナントがメインで、ファッションや石鹸、アロマ、サプリメントの店舗も多い。中でもお勧めなのはバンコクのパヤタイ病院(マンゴー、ノニ、ココナッツなど)の石鹸で、1個25Bで売られている。特にお勧めなのは敏感肌でも優しいノニ石鹸である。また、ホスピタルダイエットで日本でも有名なヤンヒー病院のブースもあり、サプリや便秘者用の薬も手に入りわざわざ各病院まで購入に行かずに済み便利である。

エスカレーターを上って2階からが実際のスーパーマーケット。まずは整髪料やシャンプー、石鹸、歯磨き粉などのコーナー。こんなところにもお土産にできるものがたくさんある。ハーブ製のタイオリジナルの歯磨き粉からハーブの石鹸まで売られている。

お菓子コーナーにはタイで作っている駄菓子やトムヤクムン味のポテトチップスなど日本ではなかなかお目にかかれない味の物がたくさんある。大量買い出来るように10袋が1パッケージになったお徳用タイプで人気商品が売られているからまとめ買いにも便利。タイ土産の定番、プリッツ・ラープ味も1箱13Bとお値ごろ価格。

調味料コーナーには、タイ料理にはかかせない調味料とペーストがところ狭しと陳列してある。乾燥麺なども近くに置いてある。日本でタイ料理を作りたい人にももってこいの場所。
日本で人気のココナッツオイル(食品・美容兼)やタイのインスタントラーメン、そしてタイで取れる優良な天然蜂蜜もお勧め。お土産用にパッケージされたドライフルーツなどもある。変わったものではドリアンチップスやドリアン羊羹(日本人には味やニオイが喜ばれない可能性が高い)

生鮮コーナーでは南国の季節のフルーツがたくさん売られている。但し、フルーツは日本へ持って帰れないものが多いので、ホテルのお部屋で食べる量のご購入がお勧め。また、タイ産ソーセージなどは日本へ持込禁止品もある。食品コーナーにあるドライフルーツは袋詰めされておらず、試食をしながら選べる。更に既に袋に詰められたドライフルーツに比べると新鮮さが異なりこちらもお勧めである。

お酒やジュースコーナーはタイならではの飲み物も多く、日本ではお目にかかれない南国フルーツの100%果汁がオススメ。
3階に上がると洋服や電化製品コーナーとなる。女性には下着類が安価で購入できる。また日本の子供服は高いが、タイの子供服は安価なのでこちらも値ごろ。電化製品は日本とタイは電圧が異なるので日本で使用する場合は変圧器が必要になるので買わないほうが良い。4階にはタイのお土産コーナーが設置されており、アロマやタイ雑貨類も購入することが出来る。

大量買いをする場合はスーパー専用カートを利用し、カートを押して上下階にエスカレーターで移動できるようになっている。1階のタクシー乗り場まで持っていけるから大変便利である。支払いも2階、3階部分を行き来して最後に一括精算ができる。

お腹が空いたら4階のフードコートでB級タイ料理を食べたり、レストランで食事をすることもできる。こちらのフードコートは屋外もあるため、タイの強い冷房が苦手な方でも外の空気に当たりながらフードコートを楽しむことが出来る。

1階 店舗
2階 食品・日用雑貨
3階 洋服・電化製品
4階 フードコート・レストラン
5階 映画館

最寄駅:BTS CHIDLOM(チッロム)駅1番出口

お得なカード:BIG-Cカード 3ヶ月以内の購入金額が2000B以上で、次回の買い物で10Bなどの割引あり。

http://corporate.bigc.co.th/th/

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。