1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ボストン(アメリカ)観光地
  5. レゴランド ディスカバリー センター ボストンの現地クチコミ
ボストン (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

LEGOLAND Discovery Center Boston レゴランド ディスカバリー センター ボストン

AYAKA (アスレチックトレーナー/マッサージ師)

ボストンの長い冬の間でも、キッズたちが思いっ切り遊べる室内テーマパーク

  • エンターテインメントおすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

他の写真も見る(全8枚)

マサチューセッツ州唯一のレゴランドは、ショッピングやレストランが楽しめるアッセンブリーロウ(Assembly Row)の一角にあります。

他のレゴランドと比べると規模はだいぶ小さいですが、小さい子供がいる母親としては、ボストンの長く寒い冬の間に子供たちが思いっ切り走り回って遊べる室内の遊び場ということで、普段からよく利用しています。

一日遊べるチケットは窓口よりオンラインの方が5ドルお安く購入出来るので、あらかじめ買っておくことをオススメします。窓口で買うと22.95ドル、オンラインで買うと17.95ドルです。2歳以下は無料です。

もし2回以上行くのであれば、年間パスを買ってしまった方が断然お得! 年間パスには2種類あります。

ひとつはValue Annual Passというもので、土曜日と学校の休日等は使えないものです。空いている平日くらいしか行かないかなーという方は、このパスで十分だと思います。値段は45ドルで、施設内にあるカフェが20%オフ、レゴストアでお買い物する時に5%オフの割引が特典で付いてきます。

もうひとつの年間パスはUltimate Annual Passというもので、お値段は70ドル(執筆時点ではセールでなんと40ドルに値下げ中なので、今ならこちらの年間パスの方が断然お得)。このパスだといつでも入場可能で、特典としては一緒に行く友達や家族のチケット代が25%オフになったり、カフェが20%オフ、レゴストアでのお買い物が10%オフになります。友人はブラックフライデーの時にこのパスを購入したのですが、なんとその時は35ドルで購入出来たようです。

どちらの年間パスもVR Experienceというバーチャルリアリティの乗り物のチケットは含まれていないので、利用の際はプラス5ドル支払わないといけません。

施設内には至る所にレゴがあるのはもちろん、乗り物が2つ、4Dシアター、そしてレゴで車を作ってレースをする場所などがあります。

中でも子供たちに人気があるのは、自分で作ったレゴの車を走らせることができるレース場! みんな夢中になって遊んでいます。他にも30分ごとに愉快な音楽が流れる時計台があったり、子供心を鷲掴みする仕掛けがたくさんあります。

1歳半の息子でも十分楽しめますが、週末だともっと大きい子たちで混むので、私は平日の空いている時に利用しています。

お昼は施設内のカフェで食べることもできますが、アッセンブリーロウにはたくさんレストランがあるので、一旦レゴランドから出て外でお昼を食べるのもありですね。一日券でも再入場が可能なところも嬉しいポイント。でもその場合はチケットを無くさないように気を付けてくださいね。

施設内では日本語対応はありません。アクセスはオレンジラインのAssembly Row駅から徒歩4分。アッセンブリーロウ内の駐車場は最初の3時間まで無料で利用出来ます。

2020/02訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。