1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ブリュッセル(ベルギー)グルメ
  5. シェ レオンの現地口コミ・地図

ブリュッセル(ベルギー)

現地のプロ(2人)詳細を見る

Chez Leon シェ レオン

  • ベルギー料理
  • ブリュッセル
  • 価格帯~23ユーロ
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Beenhouwersstraat 24, 1000 Brussel, Belgium
営業時間
[日-木]12:00-23:00
[金・土]12:00-23:30
公式サイト
http://www.chezleon.be/en/
電話番号
+32-2-5111415
投稿日2016/03/14

深鍋ムール貝とフリッツをベルギーの国民食にした店

  • フリッツがおいしい
  • 定番人気

(コンサルタント、コーディネーター、通訳、ジャーナリスト)

1893年創業のシェ・レオンは、その名の通り、ヴァンランケール一家の初代「レオンさんのうち」という意味。現在はポールとルーディ兄弟は5代目。すでにルーディの息子ケビンも立派な青年となって活躍している。家族代々のちょっとレトロな写真が、ムール貝をあしらった楽しい店内装飾とともにあちこちに飾られているから、この店の160年の歴史に想いを馳せながら味わってほしい。

現在シェ・レオンのあるあたりは、ブリュッセルっこの「胃袋」とも「聖なる島」とも呼ばれる食い倒れ横丁。2つの小路が交差するだけの狭い一角に、相当な数のレストランが軒を連ねている。

シェ・レオンは、11の小さな家を壁をぶち抜いてつなげたウナギの寝床のような構造。1000席以上の客席で、日に平均1000キロのムール貝を出すと言う。初代レオンさんが始めたのは、実は、フリッツの持ち帰り店が最初。その後、深鍋いっぱいのムール貝の香草蒸しとフリッツの組み合わせが大人気となり、とうとうベルギー人の国民食と言われるまでに。

とりあえず、キャセロール(両手鍋)いっぱいのムール貝! いくつかの味付けがあるけれど、パセリやセロリなどの香草を効かせたスペシャルが基本。フリッツ(フレンチフライ)がついて23.85EUR。開いたムール貝をガーリックバターにトマトソース、チーズでグラタンにしたムール・ア・ラ・プロヴァンサルもお奨め(18.75EUR)。旬の季節なら、生ガキならぬ、生ムールの「パケ」にも挑戦(11.55EUR)してみてほしい。ムール貝は4月中旬から7月中旬頃までオフシーズン。それでもムール貝という人は迷わずにシェレオンへ。水温の異なる世界中の海から年間通して調達しているのはシェレオンだけだ。

店員さんたちは歩合給で、一元のお客にはぞんざいな扱いとの噂もあるが、早めに大目のチップを払うなど工夫して、庶民的なムール貝三昧を楽しんでほしい。たかがシェ・レオン、されどシェ・レオン。生粋のブリュッセルっこのおばちゃんも、「たまにはシェ・レオンで食べないと落ち着かないわ」というほどの老舗であることに間違いはないのだから。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
シェ レオン周辺のおすすめグルメスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する