1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. ワット ムーン グン コーンの現地口コミ・地図

Wat Mueng Nguen Kong ワット ムーン グン コーン

  • 寺社・教会
  • チェンマイ
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
30 Samlan Road, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200, Thailand
営業時間
8:00-17:00
電話番号
+66-53-277-041
投稿日2017/09/05

映画のロケ地になった小寺は「最もチェンマイらしい場所」

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 穴場

(レストラン経営)

旧市街随一の名所ワット・プラシンから300メートルほど南にある目立たない小寺ですが、チェンマイが舞台となった2009年の日本映画「プール」のロケ地になったことで日本人に注目されるようになりました。

チェンマイ観光の定番コースに含まれているような壮大で豪華絢爛なお寺とは趣きが異なり、いたって小じんまりとした、これといった特徴がないような地味なお寺ではあるのですが、それがチェンマイという土地のイメージにぴったりと合致しているように感じられるのです。

観光客が大勢訪れるような有名寺院の多くは、歴代の王様か王族(チェンマイの場合はラーンナー王朝)が建立したもので、それがいわゆる寺院の「格式」とリンクしています。一方でこのお寺はムーングンコーンさんという民間人(高級官僚だったそうです)の発願によるお寺ですので、それがいい意味での親しみやすさ、居心地のよさを醸し出しているわけですね。

このお寺はいつもひっそりと人の気配がなく、木々の葉擦れの音と共に和やかな空気が慎ましやかに流れている静かな場所です。なぜだか穏やかでリラックスした気分に浸れて、時間を忘れてしまいそうになります。映画の制作者がこのお寺を撮影場所(最もチェンマイらしいところ)として選んだのは慧眼だなあと、感服するしかありません。

このお寺らしいひっそり感を満喫するには、本堂左手の涅槃仏(寝釈迦像)とじっくり対面してみるのが一番です。お釈迦様が入滅するときの心映えなどに想いをめぐらしつつ、チェンマイのゆったりとした時間の流れに身を任せてみましょう。

2017/08訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ワット ムーン グン コーン周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する