1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ダナン(ベトナム)グルメ
  5. ブン チャー カー バー フィンの現地クチコミ
ダナン (ベトナム) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Bun Cha Ca Ba Phien ブン チャー カー バー フィン

寺内 真実 (現地在住のサービス業勤務)

日本のテレビ取材も来た!地元民にも観光客にも好かれるブンチャーカー

  • 麺料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気
  • 有名人ご用達
  • 地元っ子に人気

街中のバンブーグリーンセントラルホテルのすぐ側、Le Hong Phong(レホンフォン)通りにあるブンチャーカーの人気店です。
ブンチャーカーとは中部の名物で、細い米麺にさつま揚げが入ったスープ麺のこと。
スープは豚の骨や牛の骨、魚、パイナップル、トマト等から作られており、甘酸っぱくて日本人にも食べやすい味です。
こちらのお店は日本のテレビ局取材も来た事があり、地元民にも人気のあるお店です。
特に朝ご飯の時間帯が混み合います。
ブンチャーカーは1杯25,000VND(約175円)。
食べ方は、麺と一緒に運ばれて来る、レタスやもやしの生野菜やテーブルの上に置いてある、自家製ピクルスや海老ペーストのマントム、チリやライムを入れて頂きます。
私はライムをいっぱい絞ってから食べるのがお気に入り。
マントムはコクがあり、美味しいのですが、めちゃくちゃ臭いので要注意!私は苦手。。笑
こちらのブンチャーカーはパクチーが入っていないので、パクチーが苦手な方も大丈夫です。
もしお腹に余裕があれば、自家製のヨーグルトを食後に食べるのもオススメ。ヨーグルトはSua Chua(スアチュア)と言い、1つ10,000VND、約50円。結構甘めです。
大体のローカル店はお茶が無料なのですが、あまり美味しくない。笑
しかしこちらの店舗のお茶はジャスミンの様な、香りのいいお茶なので日本人にも飲みやすく、食事に合うのでオススメです。

2016/12訪問
ネルソン水嶋 (ライター、ブロガー、Webディレクター)

サバの旨味を贅沢に活かしたスープ麺

  • 麺料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!
  • 地元っ子に人気

「サバ入りブン」があると聞いて、「ブンチャーカーバーフィン」という店にやって来た。

ブンとは、ベトナムの米粉麺のひとつ。一般にはフォーが有名だが、こちらは朝の外食という印象が強く、
家庭料理としてテーブルに並ぶ麺といえばブンの方が多いかもしれない。
くちびるで挟んでもプチプチとちぎれやすい、やわらかいそうめんを想像してほしい。

店名にある「ブンチャーカー」は、「魚の揚げ物が入ったブン」という意味で、
この「魚の揚げ物」はほぼ「さつま揚げ」。と、そんなブンチャーカーはまたの機会に食べてもらうとして、
この店の看板メニューは「サバ入りブン」だ。

店頭に置いてあるボウルには、大量のサバの切り身がヌクマム(魚醤)ベースのタレに漬け込まれてある。
お目当てのメニューはサバ入りブン、「Bun Ca Thu」(ブンカートゥー)と言うそうなので覚えておこう。

注文してから3分足らずでやってきたサバ入りブンは、黄金色に輝いていた。
まずはほんのり黄色いスープを一口飲むと、シッカリとサバの旨味!
スープ麺にただサバが入っているだけではなく、スープ全体に対してサバの旨味が浸透している。
そのスープが絡んだブンもサバの味、余すことなく美味しい。

そして、サバにかぶりつくと、期待以上に大ぶりで驚いた。
まるで肉のようなシッカリとした噛みごたえで、得られる大きな満足感。
野菜はネギとキャベツとシンプルなものだが、これらもヘタッとしなるほど湯が通っており、
サバとの食感のコンストラストが非常に楽しかった。

サバ入りブンの価格は35,000ドン(執筆時点で200円程度)。
場所はドラゴンブリッジ西側から車で2分以内、川沿いのバクダン通りにも近く、
朝6時から夜10時まで開いているので、朝でも夜でも散歩の前後にオススメだ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。