1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. デリー(インド)観光地
  5. サフダルジャング廟の現地口コミ・地図

Safdarjang Tomb サフダルジャング廟

  • 史跡・遺跡
  • デリー
  • 価格帯現地人 5インドルピー
    外国人 100インドルピー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Intersection of Safdarjung Road and Aurobindo Marg, New Delhi, Delhi, India
営業時間
日の出~日没
投稿日2015/03/23

フマユーン廟と比べてみよう!

  • 観光おすすめ
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

(デリー在住ブロガー)

ムガール帝国末期1754年に作られた、サフダルジャングと呼ばれた宰相の墓廟。
ガイドブックにはあまり知られていないが地元の若者には人気のデートスポット。
平井堅の『ソレデモシタイ』PVの撮影場所に使われたことでも有名だ。

フマユーン廟から車で10分ほどの場所に位置する。
ロディガーデンからもほど近いので近場で巡る観光としては行きやすくてオススメ。
ムガール帝国最後の庭園墓廟としても知られ比較的新しいため保存状態もいい。
それぞれの墓廟を比較しながら楽しむと面白い。

入口門の右手に小さなチケット売り場がありそこでチケットは購入。
高額紙幣は「おつりがない」と拒否されることがあるため、細かいお金は必須。

門をくぐると飛び込むのがイスラム様式の左右対称の建築物。

埋葬されているのは「サフダルジャング(戦争の虎)」と呼ばれていた当時の宰相だ。
酒とアヘンと女に溺れていた当時の皇帝より権力を持ち私腹を肥やしていた彼だが
その存在を恐れた王一族により首都を追われ失脚、追放の地にて死亡した。
彼の息子の命令により墓廟はエチオピア系の建築家によりデザインされ、
所有する敷地内に埋葬されたという。

フマユーン廟と比較すれば規模が小さいが、
緻密に計算されて作られた四分庭園は美しく、
内部のペルシア様式の彫刻が各所に施され、その優雅さにため息がでる。

当時の王でもなかった一人の男のための墓が、
こんな大国の首都それもまたこんな一等地に建てられているとは!
インドの歴史背景には驚かされるばかりだ!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
サフダルジャング廟周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する