1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フィレンツェ(イタリア)のモデルコース
  5. フィレンツェ&トスカーナの食とワインを満喫するプラン

フィレンツェ(イタリア)

現地のプロ(6人)詳細を見る

フィレンツェのプロがおすすめする、現地モデルプラン

投稿日:2015/02/06

1~3万円 フィレンツェ&トスカーナの食とワインを満喫するプラン 1日コース

堀 洋輔 (旅行会社代表)

このモデルプランのポイント
フィレンツェの食を知り尽くしたガイドと一緒にフィレンツェの街を歩きながら食べ歩き&飲み歩きをするプランです。 フィレンツェは言わずと知れた食とワインの街でもありますので、1日はしっかり観光して、1日は食をメインに滞在するのもオススメですよ。
地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
1 13:00~15:00フィレンツェ中央市場(メルカート チェントラーレ)

このスポットのショッピング情報を見る

エリア
フィレンツェ
住所
Piazza del Mercato Centrale, Via dell'Ariento, 50123 Florence, Italy
ジャンル
  • 市場
営業時間
1階の市場 7:00-14:00、[土]16:30(6月中旬から9月以外) 2階の飲食店 10:00:24:00
定休日
1階の市場 日祝祭日 2階の飲食店 無休
公式サイト
http://www.mercatocentrale.it/
電話番号
+39-55-2399798
平均予算
2,000円

まずはフィレンツェの食を語る上で外せない、中央市場(メルカート・チェントラーレ)からスタート。

周辺は革製品やおみやげを売る屋台が多く出ていて、いつも人混みになっているので入り口まで辿り着くのも一苦労なときも。

1階は生鮮食料品の市場、2階は巨大なフードコートとなっています。

1階は14時には閉まってしまうので、まずはここから見学を。
全体的に肉屋が多く、生ハムやソーセージなども豊富。
その他にもチーズやオイル、バルサミコ酢の店もあるのでお土産調達にも最適です。
(せっかく買っても日本に持ち帰りできないものもあるので注意です)

2階は2014年に再オープンしたばかりで、洗練されたフードコートになっています。トスカーナ&フィレンツェ料理を中心にいろいろなものを試すことができるので、いくつかの店でワンプレートを何種類か調達するのがオススメです。

徒歩で移動 約30分

料金目安:約13,000円

中央市場でフィレンツェとトスカーナの食を体感したあとは、日本人ガイドと合流して食べ歩き&飲み歩きスタート!

まずはドゥオーモの方向へ歩いていきます。

2 15:30~16:30エノテカ アレッシ

このスポットのレストラン情報を見る

エリア
フィレンツェ
住所
Via delle Oche 27Rosso, 50122 Firenze
ジャンル
  • イタリア料理
  • バー
営業時間
9:00-19:00
定休日
日曜日
公式サイト
http://www.enotecaalessi.it/it/
電話番号
+39-055-214966
平均予算
3,000円

エノテカ・アレッシ(Enoteca Alessi)はドゥオーモのすぐ南側にある創業1950年の老舗のエノテカです。

「エノテカ」とはもともとワインを貯蔵する場所や棚のことを意味し、転じて今ではワインショップであったり、ワインをメインに軽食を出す軽いレストランだったりを指します。

エノテカ・アレッシはフィレンツェ旧市街では最も広いワインセラーを持っていて、地下に広がるセラーはなんと400㎡・数千種類のワインが貯蔵されています。

好きなワインを選んでバースペースで楽しむもよし、ガイドに選んでもらうもよし。ちなみにこの店では日本への発送もその場で可能なので、お土産として送るのもオススメです。

徒歩で移動 約10分

3 16:40~17:20イル ボッロ トスカナ ビストロ
エリア
フィレンツェ
住所
Lungarno Acciaiuoli 80r 50100 Florence, Italy
ジャンル
  • イタリア料理
営業時間
10:00-22:00
公式サイト
http://www.ilborrotuscanbistro.it/
電話番号
+39-055-290423
平均予算
3,000円

「イル・ボッロ」はフィレンツェから約1時間、フェラガモ一族が所有する村の名前で、ここはその名前を冠したお店。
ワインとしても有名なので知っている方も多いのではないでしょうか。
当然ながら、このお店もフェラガモの系列です。

時間帯によってメニューが異なり、16:00からは「スプンティーノ(Spuntino)=軽食」の時間帯。
ここでもワインを空けるも良し、ケーキやタルトなどで一服するも良し。もちろん、「イル・ボッロ」のワインを購入することも可能です。

4 17:20~18:50トルナブオーニ通り
エリア
フィレンツェ
住所
Via Tornabuoni, 50123 Florence, Italy
ジャンル
  • その他散策・街歩き
平均予算
0円

すっかりほろ酔いになっているころかもしれませんが、ディナーに向けてお腹にスペースを作るためにちょっと歩きましょう。

サンタ・トリニタ橋から北にのびるトルナブオーニ通りは、フィレンツェ随一のショッピングストリート。同じくショッピングストリートのカルツァイウォーリ通りはカジュアルめですが、こちらはハイブランドが多く並んでいます。

円安ぎみの今はなかなか買い物も手が出ない...という方も多いかもしれませんが、しっかり挨拶をして店員さんとコミュニケーションが取れればたとえ何も買わなかったとしても気持ちよく対応してもらえるので、気になる店があれば入ってみるのが吉。
(もちろん、込み入った話はガイドが通訳しますが、挨拶だけは自分でイタリア語でしてみましょう!)

徒歩で移動 約10分

5 19:00~21:00トラットリア ラ カーザリンガ

このスポットのレストラン情報を見る

エリア
フィレンツェ
住所
Via dei Michelozzi 9 Rosso, 50125 Firenze, Italy
ジャンル
  • イタリア料理
営業時間
[月-土]12:00-14:30、19:00-22:00
定休日
日曜日
公式サイト
http://www.trattorialacasalinga.it/
電話番号
+39-055-218624
平均予算
6,000円

そろそろディナーへ。
トルナブオーニ通りをアルノ川のほうへ戻って、サンタ・トリニタ橋を渡ってしばらくまっすぐ進み、Via dei Michelozziという小道で右折します。その先にはサント・スピリト教会と広場がありますが、今回の目的地はそのすぐ手前にある「トラットリア・カーサリンガ」。毎日旅行者や地元の人で賑わう人気店です。

メニューはトスカーナ&フィレンツェの家庭料理が中心。
良い意味で肩肘張るような店ではないので、イタリア料理のコース通りに頼まなきゃいけないということもありません。食べたいものを食べるのが一番です。季節にもよりますが、日本ではあり得ない値段と大きさのポルチーニやアーティチョーク(カルチョーフィ)をシンプルに調理したものや、生ハムとクロスティーニ(鶏肝のペースト)の前菜などもオススメ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
このプランで紹介しているスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する