1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フィレンツェ(イタリア)グルメ
  5. リヴォワールの現地クチコミ
フィレンツェ (イタリア) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Caffe Rivoire リヴォワール

山岸 玲子 (トラベルコンシェルジュ)

チョコレートがおいしい老舗のカフェテリア

  • カフェメニューがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

市内中心部、有名観光名所のシニョーリア広場に建つ老舗のカフェテリアです。

サヴォイア王家のチョコレート職人だった、エンリコ・リヴォワールが1872年に創業。
以来、シニョーリア広場のランドマーク的存在となっています。

カフェテリアですが、店内には創業当時の味を守りながら職人が作ったチョコレートがバラで売られています。
好きなチョコレートを選んで、きれいな箱に入れてラッピングもしてもらえるのでお土産にも最適。

ここのお勧めは、やはりホット・チョコレート(4ユーロ)。
冬の寒い時期、地元の人たちはここのホット・チョコレートを飲んで冷えた身体を温めます。

日本のココアよりドロッとしていて濃厚ですが、しつこい甘さではなく見た目よりは飲みやすいです。
追加料金で、生クリームを載せることもできます。

冬にフィレンツェを訪れるときには、是非ここのホット・チョコレートを!

このほかにも、ランチタイムには簡単な軽食や、夕方には飲み物(食前酒)を頼めばカウンターのおつまみが
食べ放題の「ハッピーアワー」も提供。

アルコールが苦手な人には、アルコールフリーのカクテルも作ってくれますので、
お酒が飲めない人でもハッピーアワーのおつまみを楽しめます。

外のテラス席でヴェッキオ宮殿を眺めながらのランチ、夕食前の食前酒&おつまみ、ケーキなどのお菓子とお茶で休憩、
冬はホット・チョコレートと、老舗の歴史を感じながらいろいろ楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017/12訪問
たでひろこ (ライター・インタビュアー)

約150年前のチョコレート職人が作った老舗カフェ

  • チョコがおいしい
  • 定番人気

フィレンツェの中でも老舗の一軒。
イタリア王国の首都がフィレンツェだった頃の1872年に
チョコレート職人だったエンリコ・リヴォワールさんが開いたバールです。

映画のロケ地にもなるほどで、シニョーリア広場のヴェキオ宮殿を
眺められるテラスがあるのですぐに見つけることができます。
目前に迫るモニュメントを眺めながらのひとときは旅の思い出になるはずです。
早朝からランチ、夕食まえのアペリティフタイムまでしっかり対応してくれます。

昔ながらの製法で作られるチョコラート(ホットチョコレート)が名物でとろりとしていてかなり濃厚。
ホッと一息つきたいのと、お腹が空いた時などに召し上がるのがお勧めです。
パンナ(生クリーム)がお好きな方は是非追加してみてください。
チョコラートには冷たいバージョンもあります。
地元の人はたいてい立ち飲みをして立ち去るのですが、
カウンターでの料金と席に座った時の料金が違いますので参考になさってください。

ホットチョコレート・立ち飲み 4.00ユーロ
テーブルでは7.00ユーロです。
生クリーム入りになりますと、
立ち飲みが5.00ユーロでテーブルでは8.50ユーロです。

お持ち帰りの場合は立ち飲み料金に50セントが加算されます。
目前に迫ってくるようにそびえ立つヴェッキオ宮殿を眺めながら優雅なひと時をお過ごし下さい。

2017/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。