1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヘルシンキ(フィンランド)グルメ
  5. カフェ エクベリの現地クチコミ
ヘルシンキ (フィンランド) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Cafe Ekberg カフェ エクベリ

日本人観光客多し。味よし・雰囲気よしのヘルシンキで最も古いカフェ

  • スイーツがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

中央ヨーロッパを彷彿とさせるインテリアの老舗カフェ・エクベリは、1852年に誕生。

元々は時計職人だった創業者・フレドリック・エクベリがヘルシンキのパン屋さんに弟子入りし、約10年の修行期間を経て創業したもの。

カフェとベーカリーが隣接しており、毎朝開店時間と共にベーカリーから運ばれてくる焼き立てのパンを求めて、エクベリのモーニングビュッフェ(平日7時30分から10時30分、土曜8時30分から13時30分。平日11.50ユーロ、週末17.90ユーロ)はオープンと同時に満席になることもあります。

モーニングビュッフェだけでなく、焼きたてのクロワッサンとフレッシュジュースを頬張りながらのんびりと過ごすのも、朝から贅沢な気分が味わえてその後の観光も楽しくなりそうですね。

創業以来ヘルシンキの人々に愛され、現在に至るエクベリの人気商品は「ナポレオン」と呼ばれるフィンランド風ミルフィーユ。さくさくで香ばしいパイ生地と甘さ控えめなカスタードクリームのバランスが絶妙です。

こちらのナポレオンはこの店の看板商品でもあるのですが、個人的なおススメはエクレア。シュークリーム系のお菓子がなかなか売っていないフィンランドのケーキ屋さんで、このエクレアはサクサクで美味しい。

また、カフェの隣にあるベーカリーでは、テイクアウトも可能で、こちらも朝から出勤前のお客さんで大変賑わいます。

夏の間は通り沿いにテラス席も登場。
こちらのテラス席は地元客や観光客に大変人気で、すぐに満席になってしまいますが、テラス席で優雅にモーニングなんていうのもなかなか粋なヘルシンキでのカフェ体験だと思うので、朝一番を狙って、行ってみる事をおススメします。

トラムの沿線上にあり、すぐに見つかるのでロケーションも抜群です。


【行き方】

トラム3・6/6TFredrikinkatu下車、すぐ。

ヘルシンキ随一の由緒あるカフェ&ベーカリー

  • スイーツがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

1852年創業と、ヘルシンキでも随一の歴史を誇るヨーロッパの香りあふれるエクベリは、
一族が経営を始めて既になんと四代目。
現在のブレバルディ通り9番地には、1915年から変わらず存在しています。

中央駅から出るトラムの6番と3番がカフェの前に止まります。
地元の人たちには朝のビュッフェが知られていますが、
観光でホテル朝食付きの方はランチ(日替わりスープ、サラダなど)または、
カフェメニューでサンドイッチやケーキ、プチ・フールなどがいいでしょう。

また滞在中ホテルの朝食に飽きてきたら一日だけビュッフェを試すという手もあります。
注:ビュッフェでデザート隣にあるプリンのようなものは、ここのオムレツですのでご注意を!
日本の人がよくプリンだと思ってがっかりしています

エクベリはカフェの右側にベーカリーも併設しており、
毎日十種類以上の焼きたてのパンが作り立てのケーキがお隣から運び込まれます。
祝日以外は開店しているのでせっかく来たのに閉まっていた、とがっかりすることもありません。

客層は落ち着いた雰囲気で中年以降の常連客も多いですが、
家族連れ、若者から年配の方々まで皆それぞれの時間を楽しんでいます。
現在の落ち着いた茶色と明るい色のインテリアは、
絵画も学んだ三代目ラルス・エクベリが考えたもので、1950年代から佇まいを変えていません。

ランチ以外でお勧めはこのベーカリーで歴史あるナポレオン(ミルフィーユ)。
たっぷりした分量なので日本人ならこれだけでこのあと数時間のエネルギーが十分補給できそうです。
また初代フレドリックの最初の奥さんの名前がついたチョコレート・ケーキも。
テーブルは小さめですが、座席数は90あるので、混んでいてもなんとか席は確保できるでしょう。

店員さんがテーブルまで来てくれ注文と支払いをするので、
初めての場合は、席につく前にウィンドウから何を頼むかだいたいの目星をつけておくと、
メニューを見て慌てないかもしれません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。