1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヘルシンキ(フィンランド)観光地
  5. ウルヨンカトゥ公共プールの現地口コミ・地図

ヘルシンキ(フィンランド)

現地のプロ(5人)詳細を見る

Yrjonkatu Uimahalli ウルヨンカトゥ公共プール

  • プール・ウォーターパーク
  • ヘルシンキ
  • 価格帯大人 5.5ユーロ
    子供 2.5ユーロ
  • 定休日詳細は公式サイトを参照

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Yrjonkatu 21 b, 00100 Helsinki, Finland
アクセス
ヘルシンキ中央駅から徒歩約10分
営業時間
詳細は公式サイトを参照
公式サイト
https://www.hel.fi/helsinki/fi/kulttuuri-ja-vapaa-aika/liikunta/sisaliikuntapaikat/uimahallit/yrjonkadun-uimahalli
電話番号
+358-9-31087800
投稿日2018/10/17

フィンランドブームの火付け役となった映画のロケ地。公共プールだがゴージャスな内装にも注目。男女別で利用できる日が分かれているので事前確認を!

  • サウナが楽しめる
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

(旅行コーディネーター、シェフ)

映画「かもめ食堂」のロケ地としても人気の高い公共サウナがこちらのウルヨンカトゥ公共プール。
場所はヘルシンキのど真ん中、Forum(フォーラム、フィンランド語っぽく言うとフォルミ、になります)ショッピングセンターの横に位置する為、
大変わかりやすい立地にあります。そんなウルヨンカトゥ公共プールの最大の特徴は!!!なんと!!!

プールを裸で利用できる

ことなんです。水着でも裸でも利用可能!日本の常識の全く上をゆく発想なのでもう一度説明いたします。
水着で利用してもよし、裸で利用してもよし、のサウナ、またはプールです。
もちろん水着を着用しての利用も可、ですが、案外すっぽんぽんの方もいるので、もし見かけてもびっくりしないようにしてくださいね。
フィンランドでは、昔はプールで水着を着用するのはバクテリアの繁殖を促すとして、不衛生なので裸で泳いでいたそうで、
そのときの名残がまだこちらでは残っている、ということなのですね。
しかしよく考えてみると、観光中街歩きをしているとふと、なんか、今日ちょっと泳ぎに行きたいな、最近運動不足だし、でも水着ないから無理かな、
と思った時でも立ち寄れるので、泳ぎたいときに泳ぎに行ける、とても効率的なシステムだと思います。

フィンランドのサウナとプールや泳ぐ場所、すなわち火照った身体を冷やす場所、というのは切っても切り離せない関係にあるようで、
こちらではサウナに行く、というと必然的にプールや湖に泳ぎに行く、という解釈をすることも多いくらい
サウナと『泳ぐ(プールや湖で身体を冷やす)』というのは切っても切り離せない行事でもあります。

そして、これはとても不思議なのですが、サウナの後に裸で泳ぐととても気持ちよく、フィンランドのサマーコテージに行った時などはサウナ後に裸で湖で泳ぐと、
肌が引き締まった感じがしてとても気持ちいいですし、引き締まったと思った分お肌がいつもよりツルツルになっている気がする!!
という相乗効果で、更に気分も良くなります。

ウルヨンカトゥの公共プールのサウナの規模は大人が10人ほど入れるくらいで、大衆浴場として利用されていたサウナとは違い、
フィンランドの歴史ある大衆サウナに比べると小規模なサウナなのですが、小規模なサウナこそお客さん同士の距離も近く、
サウナの話や旅行の話、フィンランド生活のあれこれ、日本文化のあれこれなども話すことも多く、
フィンランドの人はサウナの中では饒舌になるのかしら、と思ってしまうほど会話を交わすこともしばしばあります。

水着なしでも利用可能、という性質上、利用日は男女別できちんと分かれている為、事前に曜日を確認しましょう。

月曜・水曜・金曜・日曜12時〜20時は女性が、
火曜・木曜・土曜・日曜朝7時〜8時は男性が利用できるシステムになっています。

入口のドアを開けると受付があるので、そこで料金を支払い利用する形になっています。
料金は大人は5.5ユーロ、子供2.5ユーロ(未就学児は入場無料)、シニア3ユーロでご利用可能。受付では現地語・英語での対応が可能です。

2階はカフェと併設されてキャビン(ビーチチェアのようにごろん、と寝転がって休憩できるような個人スペース)も設けられており、
サウナやプールの合間に休憩を取る事も可能です。キャビンを利用される場合は、入場料金が大人14ユーロ、子供・シニアが9ユーロとなっています。
これらの料金は2018年度現在のもので、以降変更の可能性がありますので、旅行時期に合わせてお問い合わせください。

フィンランドの多くのサウナ同様、水着やタオルの貸し出しもしており、水着とタオルはどちらも5ユーロにてレンタル可能。
やぱり裸はちょっと抵抗が、、という方は水着レンタルを利用してみてください。

周りが同性の方ばかりなので気兼ねする事もなく、開放感も出てくるのか、いつもの疲れも吹き飛びます。是非お試しください。

なお、行き方はトラム2、3、6・6T、10番Ylioppilastalo駅より徒歩3分。
公共施設のため注意すべきは、夏休み期間長く設けられている事。毎年6月の第一月曜から9月の第一日曜までは夏休みでプールはお休みです。
その間は利用できませんので、この時期に行かれる方はご注意ください。

2018/10訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ウルヨンカトゥ公共プール周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する