1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オアフ島・ホノルル(ハワイ)グルメ
  5. ハウ・ツリー・ラナイ・レストランの現地クチコミ
オアフ島・ホノルル (ハワイ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

Hau Tree Lanai Restaurant ハウ・ツリー・ラナイ・レストラン

Ari Kai (グルメライター)

ビーチ目の前、大きなバニヤンツリーの木陰が素敵なレストラン

  • パンケーキがおいしい
  • 定番人気

ワイキキの外れ、カピオラニ公園やダイヤモンドヘッドの山麓に位置するニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル。ワイキキ(ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ)から徒歩約15分ほどしか離れていないのに、喧騒もなく静かな雰囲気です。ここの1階にあるのがレストランの「ハウツリーラナイ」。

朝食は、かなり込み合うよう。それもそのはず、ダイヤモンドヘッドの早朝ハイキングを済ませた人たちが、ここで朝食を食べようとやってくるからです。

おすすめメニューは「バターミルクパンケーキ スペシャルトッピング(20ドル)」。ホイップクリーム、季節のベリー、マカダミアナッツがトッピングされており、人気の朝食メニューでもあります。パンケーキはそれほど甘くなく、食べやすいです。

また、このレストランではエッグベネディクトも人気です。朝だけでなくランチでも提供しています。種類も豊富ですが、20ドルから34ドルまであります。

ここにある樹齢200年を超えるハウツリーのもとには、著名人も多く訪れています。小説「宝島」の著書でも知られる文豪ロバート・ルイス・スティーブンソンは、この木の下で作品を練ったと言われています。

昼は目の前のカイマナビーチで水遊びする人たちを、夕方は太陽が海の彼方に沈む素晴らしいサンセットを眺めることができます。

ディナーメニューはステーキやシーフードなど。ロコたちも特別な時にやってくる素敵なレストランです。

ディナーでは少しドレスアップしたワンピース、また男性もシャツに長ズボンという感じ。昼はもう少しカジュアルで、男性はTシャツに半ズボン、女性もサマードレスやTシャツ姿が多く見受けられます。

2017/02訪問
本間律江 (メディア・コーディネーター)

大きなバニヤン・ツリーの木陰で、サンセットまで長居して

  • サンセットが美しい

サンスーシ・ビーチ沿いのホテル、ニューオータニ・カイマナビーチ1階、砂浜の近くにあるレストラン。
朝7時からオープンしているので、早朝に行くのが気持ち良くておすすめです。

オープンエアのこのお店のシンボルで店名にもなっているハウの木。樹齢100年とも言われている
この2本の大木は、店内の中央で絡み合い、食事を楽しむ人たちを包み込むように、大きな木陰を
作り出してくれています。訪れる人たちは皆、日中、その木陰でゆったりと食事タイムを過ごしています。

「宝島」や「ジギル博士とハイド氏」で知られる文豪、ロバート・スティーブンソンがこの木の下で
小説の構想を練っていた…という逸話からも、約100年以上も昔からこの場で人々の休息を
見守ってきたことが窺えます。夕暮れ時の西陽はややきついですが、サンセットは絶景!

最近、地元の人たちに加え観光客が大変増え、いつも混み合っているので、予約して行くことをおすすめします。
ウォークインでも入店できないことはありませんが、45分~1時間ほど待つこともあります。
とはいえ、ニューオータニ ホテルのロビーで過ごせるので、待ち時間もさほど苦にはなりません。

おすすめメニューはカイマナ・エッグベネディクト。
オリジナルのオランディーソースがかかった、手作りの味をお試しください。

ガッツリ派にはロコモコがおすすめ。
ここのロコモコは、ハッシュドビーフとカツが入っていて絶品!ハンバーグよりも少しリッチな感じです。
+フルーツでオーダーすると一層おいしく食べられるでしょう。

小さな子供連れもこのレストランはおすすめです。目の前が砂浜なので、レストラン内で
じっとしていることができなくなったら、砂浜で子どもたちを遊ばせ、見守りつつ過ごすのもOK。
お子さんが多少騒いでも気にならない、子連れにやさしい貴重なお店です。

中央の大木が穏やかに見守ってくれているせいでしょうか、カップル、子連れ、女子会、お年寄り…
どんなお客様をも受け入れてくれる、そんな包容力を感じます。

どの季節に行っても良いけれど、個人的におススメなのが冬。
レストランの真正面に日が落ちていく光景を、ぜひ見ていただきたいです。

アクセスは、歩いて行くのがダンゼンおすすめ!
動物園の入り口から海沿いの遊歩道を10分ぐらいのんびりと歩けば到着します。
帰りはカピオラニ公園沿いを歩けば、行きと帰りとで違った散歩コースを楽しめるでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。