1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オアフ島・ホノルル(ハワイ)グルメ
  5. プルメリア ビーチ ハウスの現地クチコミ
オアフ島・ホノルル (ハワイ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

Plumeria Beach House プルメリア ビーチ ハウス

NOCCHI* (ホテルコンサルタント)

静かなビーチを眺めながらお食事がいただけるカジュアルダイニング

  • パンケーキがおいしい
  • 定番人気

せっかくハワイに来たなら、やはり海を眺めながらお食事が出来たら嬉しいですよね。
白い砂浜にキラキラ輝く海、、、想像するだけでうっとり。
落ち着いて、でも気取らずにお食事がいただけるレストラン、それがカハラホテル内にある「プルメリア・ビーチハウス」です。

店内には屋内席とテラス席があり、どちらも心地よい風が吹き抜けるオープンエアとなっています。
朝食からランチ、軽食を挟んでディナーまで通しで営業しており、季節ごとに更新されるメニューはホテル宿泊客はもちろん、ローカルの人々にも人気のお店です。

朝食ビュッフェは月~金曜日が6:30~11:00、土・日曜日は6:30~12:00。またアラカルトでも楽しむことができ、こちらは毎日6:30~11:00となっています。
ランチは毎日11:00~14:00で、毎週水曜日(11:45~14:00)はカレーランチビュッフェが開催されています。その後14:00~17:30には軽食タイムがあり、ディナーは 17:30~22:00の営業です。

今回は初めて朝食ビュッフェ(大人:45ドル、子供:21ドル)へ。
10時ごろに入ったところ、店内は8割方埋まっている印象でした。
週末だったこともあり、小さなお子さまを連れたローカルの家族連れの姿もちらほら。適度なにぎやかさで、お子さま連れでも気兼ねなく楽しめます。
すでに外は陽射しが強く暑くなり始めていたので、屋内席をチョイス。どのお席からもテラスの向こうにビーチが望め、心地よい風が店内を吹き抜けていくのを感じられます。

席に着くと、サーバーが来て飲み物のオーダーを取ってくれます。コーヒーや紅茶、またフレッシュジュースもビュッフェラインには出ていないので、サーバーに依頼します。
ビュッフェラインにはサラダバーやスクランブルエッグ、ベーコンやソーセージといったベーシックなメニューをはじめ、チャーシューまんやその時々のスペシャルメニュー(この日はほうれん草とチーズのココット)、お米やお味噌汁、納豆などの簡単な日本食コーナー、ペイストリーバー、自分で好きなトッピングを選べるヨーグルトバーなどが並びます。
そのほか、ホットステーションにはお好きな具材を選んで目の前でシェフが作ってくれるオムレツやロコモコがあり、常に何人か並んでいる様子でした。その隣にはサクサクのワッフルもありましたよ。

忘れてならないのが、こちらの名物「シン(thin=薄い)・パンケーキ」。
その名の通り、うすーく焼いたパンケーキをロール状にくるっと巻いて、メープルバターシロップに漬け込んだもの。
ホテル創業時からあるシグニチャーアイテムのひとつなんだそうです。
皆さん何本も取っていくので、残りわずかでしたが、無事に食べることが出来ました。冷めてもしっかりモチモチ感があり、美味しかったです!

メニューや品数自体は正直あまりインパクトはないのですが、きれいにお手入れされた芝生のグリーンと海の青、揺れるヤシの木を見ながらのお食事はきっと素敵な思い出になるはず☆
夕暮れ時に行って、美しいサンセットを見ながらカクテルタイムを楽しむのも◎。

支払いには現金、各種クレジットカードが利用できます。
ワイキキからは車で約10分、機会があれば訪れてみてくださいね。

2019/10訪問
Ari Kai (グルメライター)

カハラホテルの1階にあるビーチ目の前のレストラン

  • パンケーキがおいしい
  • 定番人気

ダイヤモンドヘッドの東側に位置するカハラホテルの1階にあり、白浜のビーチのすぐ横に立つ風通しの良いレストラン。ワイキキからは車で15~20分ほどです。

旅行客から人気が高いのは、朝食ビュッフェ(38ドル)。おすすめの薄焼きパンケーキ(単品16ドル)もここで選べます。パンケーキに付いてくるメープルバターに、たっぷりと浸して食べると美味しさ倍増。季節のベリー(単品12ドル)を一緒にオーダーするのも◎。 ビュッフェメニューに含まれているアサイボウルやフレンチトーストなども、単品で頼むことができます。

毎週水曜日のランチは、カレービュッフェ。タイ風カレー、日本風カレーなど選び放題、カレー好きには嬉しいランチです。

夕方から夜のディナーは、ちょっとおしゃれをして出かけたいムードのレストランになります。

土日は朝食ビュッフェを12時まで提供しているので、周辺に住んでいるロコもやってきて、お友達同士話が盛り上がっている様子も。

外のテラス席からは、ダイヤモンドヘッドが見え、ビーチには人も少なくプライベート感満載の素敵なレストランです。

ワイキキではない、このカハラ地区に立つホテルだからこそ体験できる、静かでゆったりとした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017/10訪問
Ari Kai (グルメライター)

毎週水曜はカレービュッフェの日。

  • ビュッフェが楽しめる
  • 定番人気

他の写真も見る(全6枚)

カハラホテルのレストラン「プルメリア」は目の前にビーチが広がる贅沢な空間。ワイキキのホテルと違って、ホテルに宿泊している人が楽しめるビーチであり、とても静かだ。

通常は、朝ごはんに人気のあるプルメリアビーチハウス。水曜ランチだけは、メニューがガラリと変わり、カレービュッフェになる。この日もレストランに入って、店内ではなく、パラソルで木陰が作られた外の席を確保。アイスティーはビュッフェの値段こみでサービスしてくれる。

ビュッフェに行くと、サラダも数種類、カレーはタイ、日本式カレー、ビーフカレー、インドカレーと並んでいる。主食も通常のライス、タイ式ライス、サフランライス、そしてナンから選べる。少しずつとって、美味しいと思うものを再度取りに行ってもいい。平日のお昼とあって店内は混雑していない。

デザートのケーキにフルーツをとって最後は2時半までに追加の注文、私はコーヒーを頼んだ。ビュッフェでアイステイーを頼んでいたので、コーヒーは別途料金を追加される。ビュッフェの値段は35ドル。デザートと合わせてコーヒーを頼みたい人は、最初からコーヒーをビュッフェの時に頼んでいてもいいかもしれない。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。