1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ロサンゼルス(アメリカ)観光地
  5. ブラッドベリービルディングの現地クチコミ
ロサンゼルス (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Bradbury Building ブラッドベリービルディング

小山 陽子 (健康・美容ライター、エディター)

多数の映画の撮影場所となった 歴史的ビルディング

  • ロケ地散策おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気
  • 有名人ご用達

他の写真も見る(全7枚)

数々の映画、テレビ、CMで撮影に使われている有名なビルがこちら。なかでも有名な作品は、ハリソン・フォード主演の『ブレードランナー』、近年では『(500)日のサマー』、アカデミー賞受賞作『アーティスト』など。国の文化財にも指定されている建造物です。

こちらのビル、もともとは金鉱業の大富豪、ルイス・ブラッドベリー氏のビルで、建築家のジョージ・ワイマンによって1893年に建てられたもの。近未来をイメージしてデザインされたもので、現在でも現役のオフィスビルとして使われています。外観は、あまり一般的なビルとかわりないのですが、一歩足を踏み入れると雰囲気が一変。120年前に建てられたとは思えないほど、今見ても洗練されたデザインになっています。アイアンやテラコッタの壁の装飾もひとつひとつがとても繊細。吹き抜けの天井はガラス張りで、そこから入る光がエレベーターやフェンスの黒いアイアンワークの陰影をきれいに見せてくれます。1階にある郵便ポストに、煙突のような太い鉄の管がついているのは、上階からも手紙を投函することができる仕組み。また、鉄製の扉を手で開閉するエレベーターなど、時代を感じさせるあしらいも現役で動いています。

このビルは無料で見学できますが、一般の人が入れるのは一階部分と、入口付近の階段まで。最寄駅は、ダウンダウンにあるパーシングスクエア駅から徒歩3〜5分で、新旧さまざまな飲食店が入るグランドセントラルマーケットのすぐ向かいにあります。ブラッドベリービルディングは30分もあれば見れてしまうので、グランドセントラルマーケットとセットで訪れるのがオススメです。

2017/05訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。