1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. サンクトペテルブルク(ロシア)ホテル
  5. アンバサダー ホテルの現地クチコミ
サンクトペテルブルク (ロシア) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

マリンスキー劇場にもネフスキー大通りにも徒歩で行ける便利なホテル

  • ガイドの超イチオシ!

マリンスキー劇場にもネフスキー大通りにも徒歩で行ける、お手軽4つ星ホテル。
バレエ好きの私が定宿にしているホテルです。

地下鉄「サドーバヤ」から徒歩7~8分、ホテルを出て左に行くと買い物にも食事にも便利な繁華街、
右に歩くと有名な教会「ニコライ堂」とマリンスキー劇場に行けて、非常に便利。

アンバサダーと聞くと日本にあるディズニーアンバサダーホテルの系列なのかと思いますが、
(実際、私もそう思ってました)、ロシア資本100%のホテルです。
2005年に開業。当時、各国の大使感とのお付き合いが多かったことから、アンバサダーと名づけられました。

なんと屋上にはヘリポートもあります。
ペテルブルグのホテルには珍しく、プールが備わったヘルスクラブがあり、
施設的には5つ星に近い4つ星ホテルと言えるのでは。

客室数は251。
もし一人旅なら、シャワーのみの小さめのお部屋のエコノミーというカテゴリーがあります。
昼間は観光して夜観劇したら、ホテルには寝に帰るだけという人は、この部屋でもいいかもしれませんね。

スタンダートカテゴリーになるとバスタブが付き、ツインベッドルームもあり広さも十分。
もし3人なら、ストゥージオタイプの広いツインベッドルームに、エキストラベッドを入れて対応してくれますよ。
どのカテゴリーのお部屋にもスリッパが準備されてます。

そして、このホテルのもう一つの自慢は、最上階にあるイサク寺院ビューのレストラン。
朝食の際は、窓際のテーブルをゲットすることをお薦めします。
遠くに見える金色のイサク寺院のドームに太陽がきらきら反射して、なんともいえない美しさです。

全館WIFIフリー。カンファレンスルームも最上階に2つあります。

マリインスキー劇場徒歩圏内!使い勝手が良く落ち着いた雰囲気のホテル

  • 定番人気

サンクトペテルブルク中心部のやや南に位置するアンバサダーホテル。
観光名所からは少し離れていますが、実はアクセスがいいんです。
ホテルから地下鉄の乗換駅まで徒歩7分ほど。そこから複数の地下鉄路線を使いこなして、
サンクトペテルブルクで是非押さえておきたいスポットへの移動が楽々できます。
地下鉄5号線サドヴァヤ駅からはエルミタージュ美術館最寄駅まで一駅、
地下鉄2号線センナヤプロシャジ駅からはネフスキー大通りまで一駅、など。
世界五大バレエ団のなかで最高峰と言われるマリインスキーバレエ団の本拠地・マリインスキー劇場に近いのもこのホテルの特徴。徒歩で15~20分で着きます。
また、この辺りはドストエフスキーの小説「罪と罰」の舞台となったエリアで、
ドストエフスキー好きの方は小説を片手に散歩するのもいいかもしれません。

ホテルは外観からもフロント・お部屋からも落ち着いた雰囲気で、繁華街の喧騒から離れゆったりとした時間を過ごすことができます。
ホテル入口はガラス天窓から差し込む光が印象的。
コンシェルジュは笑顔を絶やさず、観光案内やバレエのチケット手配なども快く行ってくれます。
お部屋はモダンでシンプル、しかしながら設備はしっかりしており快適に過ごすことができます。
Wi-Fi利用可能、シャワー付きバスタブ、バスアメニティは一通り揃っています。
ホテル内のレストランは2種類ありますが、特におすすめなのは朝食のビュッフェ会場にもなっている
“Le Vernissage”。最上階にあり、窓からはサンクトペテルブルクの街並みが一望できます。
その他プール、フィンランド式サウナ、ジムもあります。
また宿泊客は朝7時から11時半まで無料でプールの利用が可能。(プールサイドの内装が日本的なのが面白いです。)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。