1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ロンドン(イギリス)グルメ
  5. ペイトン アンド バーン(コヴェント ガーデン店)の現地口コミ・地図

ロンドン(イギリス)

現地のプロ(7人)詳細を見る

Peyton and Byrne (Covent Garden) ペイトン アンド バーン(コヴェント ガーデン店)

  • カフェ
  • ウェストエンド/ソーホー
  • 価格帯3ポンド~
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
44 Wellington Street, Covent Garden, London WC2E 7BD, United Kingdom
営業時間
[月-木]8:00-19:30、[金]8:00-20:00、[土]9:00-20:00、[日]9:00-19:30
公式サイト
http://www.peytonandbyrne.co.uk/wellington-street/
電話番号
+44-20-34221452
投稿日2014/09/30

イギリス菓子の伝統と今が分かるベーカリー

  • スイーツがおいしい
  • 定番人気

(編集者・ライター)

「ペイトン&バーン」(Peyton and Byrne)は、ナショナル・ギャラリーや
ウォレス・コレクション、ウェルカム・コレクションといったミュージアムに
よく入っているイギリス菓子専門のベーカリー・カフェ。
ユーロスターの発着駅であるセント・パンクラス・インターナショナル駅にも入っていて、
イギリス菓子が何たるものかを大陸から来た方々に披露する役目も果たしています。

手がけているのは「イギリス全国津々浦々から集めた凄腕シェフを競わせて
究極のブリティッシュ・メニューを作る」ことを目的にしたテレビ番組
「Great British Menu」の審査員も務める、ちょっとクセのあるアイルランド人実業家、
オリバー・ペイトン氏。彼だからこそ、これだけ公共スペースにバンバンと進出できるのでしょう。

ペイトン氏のこだわりが随所に感じられる各ブランチはそれぞれ個性的に設えられているものの、
お味のほうは氏の「抜き打ちテスト」も功を奏して、さすがに統一されています。

コベント・ガーデン・マーケットの目と鼻の先にあるウェリントン・ストリート店
(Wellington Street店)は、同ブランドの中では珍しく独立店舗仕様で、
地下キッチンで毎日焼かれるパンやケーキ類も、他店と比べて品揃え豊富なのが頷けます。

試していただきたいのは、キャロット・ケーキ、ヴィクトリア・スポンジなどの
イギリス菓子の定番、それからチョコレート系のケーキが美味しいのでそちらも。
他ブランドではあまり見かけないフィグ・ロール(イチジクのお菓子)
などの庶民のお菓子の高級バージョンもときどき見かけます。

ちなみにペイトン&バーンのスコーンはビスケット系ではなく、パンのような食感なので
ホロホロとした口当たりをご所望の方には期待ハズレ、反対に食事として楽しみたい方には
○な感じです。焼き菓子のペイストリー生地は、さすがに美味しいですよ!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ペイトン アンド バーン(コヴェント ガーデン店)周辺のおすすめグルメスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する