1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. メルボルン(オーストラリア)ショッピング・お土産・買い物
  5. クイーンビクトリア マーケットの現地クチコミ
メルボルン (オーストラリア) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Queen Victoria Market クイーンビクトリア マーケット

メルボルン随一の規模の活気あふれるマーケット

  • いろいろ買えておすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

オーストラリアの野外マーケットでは最大規模を誇る、クイーンビクトリア・マーケット。その歴史は古く、1878年5月20日に正式にオープンしました。現在でもメルボルンの台所として人々に愛されています。週末ともなると、大道芸人のパフォーマンスや屋台が道いっぱいに並び、たいへんな活気に包まれます。

屋外エリアでは主に新鮮な野菜・果物が所狭しと並び、量り売りで購入できます。威勢のいい売り子の声があちこちに聞こえ、活気にあふれているので歩いているだけでも楽しくなってきます。

一般的にスーパーマーケットで買うよりも割安なことが多く、さらにおまけをしてもらえることもあります。世界各国の食材や、スパイスも豊富にそろっており、多文化都市ならではまた屋台も並んでおり、朝早くに来て朝食を取りながら買い物を楽しむのもおすすめです。食品だけではなく、衣類や民芸品、お土産を扱うコーナーもかなりのスペースを占めており、掘り出し物を格安でゲットするチャンスです。一番シティ側の並びでは、メルボルン発のコスメブランド、ハンドメイドの石鹸など他ではなかなか手に入らない商品を扱っており、こちらも要チェック。

屋内エリアでは主に精肉、鮮魚、乳製品など要冷蔵のものや総菜を扱う店がずらりと並びます。家族経営で代々続くイタリアン惣菜のお店など、移民の歴史が垣間見られることも。お茶やコーヒー豆の量り売りや、お菓子屋さんなどもあり、いずれも見逃したくない個性的なお店ばかり。またフードコートもあるので、一休みしたいときに利用すると良いでしょう。
特に屋外エリアでの買い物は基本的に現金のやり取りになるので、小銭を多めに持っていくのがおすすめです。

個人的にぜひおすすめのエリアは、オーガニック食材コーナー。屋外エリアの一角に「Market Organics」という看板が出ていることが多いので探してみて下さい。オーガニックの果物や、フリーレンジ(放し飼いで育った鳥)の卵、コスメ用品など、オーガニック・コンシャスなオーストラリアらしいラインナップです。お値段は少し張ることが多いですが、せっかく訪れたならば一度は試して頂きたいです。

最後に、忘れてはならないのが夏季(11月~3月)と冬季(6月~8月)の毎週水曜日に開催されるナイトマーケット。国際色豊かなイベントで、屋台には世界各国の料理が並び、ミュージシャンによるワールドミュージックのライブ、メルボルン出身アーティスト達の手による作品展示販売など、昼とはまた違った魅力が人気のイベントです。

営業時間:
月曜、水曜:休業
火曜、木曜:6:00~14:00
金曜:6:00~17:00
土曜:6:00~15:00
日曜:9:00~16:00

2017/03訪問

南半球最大!メルボルンでマーケットと言ったらクイーンビクトリア

  • 食料雑貨・調味料おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

1878年創業、南半球最大のオープンエアーのマーケットです。
沢山のお店がところ狭しと並んでおり、メルボルンの人々には“ビックマーケット”と呼ばれ親しまれています。

威勢の良い声が飛び交う、野菜や果物、お肉やお魚といった生鮮食品エリア、おいしそうな焼き立てのパンやチーズ、ディップなどのデリ(お惣菜)エリア、お土産に最適な小物やアクセサリー、鞄や洋服などのエリアに分かれています。

こだわって作ったオーガニックの野菜も豊富に取り揃えてあり、人気があります。

デリのエリアでは、チーズやハムなどの試食もでき、ついつい買いすぎてしまいます。

試食で食欲が刺激されたら、同じデリのエリアにあるホットドッグがおすすめ。いつも込み合っていて大人気!
ドイツ風の大きなソーセージはマイルドかスパイシーかが選べ、ザワークラフトやオニオン、マスタードなどのトッピングも選べます。

ボリュームがすごいですがぺろりと完食できちゃいます。でも、ほかにも行列のできるドーナツ屋さんなどもあるので、ここでお腹がいっぱいにならないようにご注意を!!

フードコートやカフェもあるので、ゆっくり休憩することもできます。

マーケットは月曜日と水曜日がお休みですが、夏と冬の水曜日の夜に、イベント「ナイトマーケット」が開かれることがあります。

ミュージシャンによるライブが行われ、多国籍の料理がそれぞれ楽しめる屋台が出ます。
いろいろな国の人が住んでいるメルボルンだけあり、どこの国の料理も本格的!
昼間とは違った雰囲気の中、音楽を聴きながらいろいろな美味しいものを堪能できます。

ナイトマーケット以外にも、週末にはいろいろなフェスティバルが行われることがあるので、ウェブサイトをチェックするのをおすすめします。
クイーンビクトリアマーケット http://www.qvm.com.au/

南半球最大!19世紀から市民に愛され続ける歴史のあるマーケット

  • 食料雑貨・調味料おすすめ
  • 定番人気

1878年にオープンした南半球最大の市場、クイーン・ビクトリア・マーケット。オーストラリア国内で昔から存続している市場の中で、最も歴史のあるマーケットです。19世紀の建物は、今もそのまま使われています。

庶民の台所として賑わう市場は、新鮮な野菜や果物のコーナー、精肉やシーフードのコーナー、デリカテッセンやパンなどの惣菜コーナーなどに分かれており、観光客向けのお土産品やインテリア雑貨などを扱う店が並ぶコーナーもあります。オーガニック製品やワイン専門店もあり、メルボルンを代表するショッピング・スポットとしても人気!お土産探しにもおすすめです。

マーケット内だけでなく、その周囲にもたくさんのショップやカフェ、テイクアウェイ・フード店などが並び、気になったところすべてに立ち寄っていると、あっという間に時間が経ってしまうかも?市場ですので、出掛けるのなら、午前中がおすすめです。

朝早くから、お店の人とお客の活気あるやりとりを見ているだけでも飽きないことでしょう。また、市場とメルボルンの歴史に触れるツアーやメルボルンの食の深さを知るツアーなどを随時実施していますので、興味のある人はぜひ参加してみてください!

  • ジャンル
    市場
  • エリア
    メルボルン・シティ
  • 住所
  • アクセス
    トラムQueen Victoria Market(クイーン・ビクトリア・マーケット)駅すぐ前
  • 電話番号
    +61-9320-5822
  • 営業時間
    [火・木]6:00-14:00, [金]6:00-17:00, [土]6:00-15:00, [日]9:00-16:00
  • 定休日
    月曜,水曜,グッドフライデー,アンザックデー,メルボルンカップデー(11月の第1火曜),クリスマス,ボクシングデー,元日
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。