1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. メルボルン(オーストラリア)観光地
  5. フェデレーションスクエアの現地クチコミ
メルボルン (オーストラリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Federation Square フェデレーションスクエア

情報収集におすすめ!メルボルンの観光はまずここから

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

フリンダースストリート駅前にある近代的なエリアが、フェデレーションスクエアー。

2002年にオープンしたフェデレーションスクエアーは、世界で最も素晴らしい公共広場のトップ10に選ばれています。

大きな広場になっていて、美術館、博物館、観光館内所、カフェやレストランがあります。

まず目に付くのが観光案内所(Melbourne Visitor Centre)。
地下がとても広く、地図やパンフレット、各種ツアーの申し込みができます。
また、メルボルン観光には欠かせないmyki(公共交通機関専用カード)の取り扱いもあります。
まずはこちらで情報収集するのをお薦めします。

フェデレーションスクエアーについての無料ツアーもあるので、歴史や建物に興味のある方は是非参加してみてください。
(予約不要。月曜から土曜の11時、ビジターセンターに集合。)

フェデレーションスクエアーにはステージが併設されており、イベントの折には沢山の人々でにぎわいます。

ACMI (Australian Centre for Moving Image) というオーストラリア映像博物館では、テレビデジタル文化について無料で学ぶことができます。
また有料の展示やイベントとして、とても興味深いトークショーやイベントが行われますので、事前に是非チェックしてみてください。
ACMI https://www.acmi.net.au/
フェデレーションスクエアー http://www.fedsquare.com/

オープンエアーのカフェやレストラン&バーもあります。
カジュアルなランチからちょっとおしゃれなディナーまで楽しめるので、時間を選ばす食事ができるのも便利です。

“世界で最もすばらしい公共広場”と賞賛される、文化交流の中心地

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

憩いの場であり、文化交流の場として、メルボルン市民から愛されているフェデレーション・スクエア。世界的にも“世界で最もすばらしい公共広場”と賞賛されています。

スクエア全体と建物は、オーストラリア人建築家のベイツ・スマートと建築研究所のコラボレーションで生まれた大胆なデザインで、オーストラリアで最も複雑な建築デザインと言われ、普通であれば建築するのは困難とされてしまうところですが、デザインを変更せずに建築を成功させた意欲的な建設プロジェクトのひとつだそうです。

複雑な多角形をしたビルディングは、オーストラリアのアート史を知る上で欠かせないイアンポッターセンター(NGVオーストラリア)と最先端のデジタル文化を展示したムービングイメージ博物館(ACMI)、オーストラリアの現代美術を集めたオーストラリアン・コマーシャルギャラリー協会などに分かれています。一般展示の見学は、基本的に無料ですので、アートと文化の街メルボルンを追求したい人は、ぜひ足を運んでみて下さい(特別展は有料の時もあります)。

また、広場には、カフェやレストラン、ショップが並び、グルメ&ショッピング・スポットとしてもおすすめ。定期的に様々なイベントが行われているのも見逃せません。フリンダース・ストリート駅の向かいには、ツーリスト・インフォメーション(観光案内所)もありますので、メルボルンに着いたら、まず足を運んでみたいところです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。