1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオホテル
  5. ソフィテル マカオ アット ポンテ 16の現地クチコミ
マカオ ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Sofitel Macau At Ponte 16 ソフィテル マカオ アット ポンテ 16

FCパタカ (エディター)

旧市街まで徒歩圏内、フランス風のオシャレな雰囲気

  • 定番人気

マカオ半島の中心部を東西に貫く新馬路の西端、下町風情の残る内港エリアに建つひと際目立つポルトガル宮殿風のカジノ付き大型複合リゾート施設「ポンテ16」の中にある。GF(日本の1階に相当)はカジノ入口になっており、ホテルロビーは1階(同2階)。

フランス資本の高級ホテルブランドらしく、ロビーはゴージャスながらもオシャレな雰囲気。客室数は一般客室、スイート、別荘仕立ての「メゾン アット ソフィテル」を含めて全408室。19室ある「メゾン アット ソフィテル」は、それぞれ違ったテーマのインテリアになっており、中でも歌手のマイケル・ジャクソンさんをテーマにした「MJマンション」は音楽ファン垂涎。リゾート内にはMJギャラリーやカフェもあるので、要チェックだ。一般客室とスイートは都会的でスマートなインテリアで、機能的にまとまっているという印象。Wi-Fiは無料で使える。景観はリバービューとシティビューの2タイプあるが、マカオの下町、旧市街方面を望むシティビューがおすすめ。アメニティはロクシタン製、上位クラスではエルメス製を採用しており、女性ゲストに大評判。

ホテルはカジノやオフィスビルが建ち並ぶ繁華街から少し離れた立地となるが、世界遺産巡りの拠点となるセナド広場まで徒歩5分程度と、世界遺産散策にはかなり便利。周囲は古き良きマカオの風情を残す下町で、ローカル感溢れる飲食店や商店などが並ぶ。24時間営業のコンビニ(サークルK)がホテルすぐ横にある。

交通アクセスでは、マカオフェリーターミナル、マカオ半島北部の中国本土とのボーダーとの間に無料シャトルバスを運行。ホテルすぐ目の前に路線バスのバス停もあり、乗り換えなしでタイパ、コタイ、コロアン島へ行くこともできる。

HEMEI (エディター、ライター)

世界遺産めぐりに便利な立地&他にはないビューを満喫

  • 穴場

マカオの古い港町を再開発したエリア(といっても、開発されたのはこのホテルぐらいですが)にあります。
マカオのホテルというと、埋立地のコタイ地区にある5つ星ホテルばかりが注目されがちですが、世界遺産めぐりに便利なのは、やはり半島のホテル。
なかでも、このホテルはセナド広場まで徒歩5、6分と、観光にはとても便利なロケーションにあります。

客室は、スイート以外はスーペリアとラグジュアリーとがありますが、部屋の広さや設備はそれほど変わりません。
このホテルで客室を選ぶポイントは、世界遺産や旧市街を望むシティビューか、内港と対面の中国・珠海とを望むリバービューかということ。
予約時にしっかりと確認しておいたほうがベターです。
また、隣接して「マンション」と呼ばれる全室スイートの高級レジデンスもあり、こちらはハネムーナーなどに人気とのこと。

6階にあるフレンチレストラン「ミストラル」は、充実メニューのビュッフェが楽しめるとあって人気。
ここでは、ぜひテラス席をキープしましょう!
夕陽に染まる内港、そこを行きかう大小の船……、郷愁を誘う風景に、心が癒されます。

客室のアメニティーはロクシタン。
さらにロクシタンのプロダクトを使ったスパもあって、女性の心をくすぐります。
女子旅やカップルの旅行におすすめしたいホテルです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。