1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マニラ(フィリピン)観光地
  5. サン アグスティン教会の現地クチコミ

マニラ (フィリピン) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

San Augasutin Church サン アグスティン教会

フィリピン最古のバロック様式石造教会

  • 観光おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

1607年に完成し1993年に「フィリピンのバロック様式教会群」の名称で世界遺産に登録された、
フィリピン最古のバロック様式の石造教会。

16世紀のスペイン人初代総督レガスピが、フィリピンを統治する上で本拠地にした、
マニラ最古の地区でもあるイントラムロス内にあります。

イントラムロスにある建物は、1945年の第二次世界大戦時に、アメリカ軍の総攻撃により多くが破壊されました。
サン・アグスチン教会にも爆弾が直撃しましたが、独特の耐震構造のおかげで倒壊を免れました。
その後の地震や天災等でも倒壊されずに残り続けたことから、マニラのサン・アグスチン教会は、
「地震のバロック」とも「奇跡の教会」とも呼ばれています。

フィリピンはアジアで唯一のカトリック教国であり、アジア圏において、
これ程の規模の教会は他に見る事が出来ない為、観光スポットとしても人気があります。

館内では凝った装飾の祭壇、説教壇、聖歌隊席、だまし絵のフレスコ画等を見る事が出来ます。
同建物には博物館も併設されており、当時の貴重な資料や絵画、修道士の衣装やキリストの像を見ることも出来ます。

サン・アグスチン教会の周辺では、今も石畳の道路が保存されています。
通りを挟んでカサ・マニラもあり、スペイン植民地当時の雰囲気を感じる事が出来ます。

行き方:ベイエリアから車で約15分。マカティ地区から車で約50分、イロイロ市から車で約1時間。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。