1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マニラ(フィリピン)観光地
  5. イントラムロスの現地クチコミ
マニラ (フィリピン) 観光の現地クチコミ
浅井 繁 (『マニラ経済新聞』編集長)

マニラ観光と言えばここからスタート

  • 歴史探訪おすすめ
  • 定番人気

イントラムロスとは、スペイン語で内側という意味の「イントラ」と、壁という意味の「ムロス」の合成語。
その名の通り街は大きな壁で囲まれています。

街は、16世紀スペインの植民と共に生まれ、300年の年月をかけて、植民地フィリピンの事実上の首都として形作られました。第2次世界大戦で米軍と日本軍が市街戦を行い、マニラ市民10万人の犠牲とともに廃虚となりましたが、戦後、マルコス大統領夫人イメルダの指揮の下、復旧しています。「300年の歴史が1週間の戦争で消失した」ともいわれています。

マラテからタクシーでイントラムロスと告げれば、約10分で大きな城壁が見えてきます。まずは街並みを散策、
石畳の道や石造りの家々があり、スペイン統治時代のなごりを感じることができます。
日本が統治していた頃に設置された砲台の跡や、激しい市街戦の痕跡が街のあちこちにあります。
歴代大統領の記念碑や博物館もあり、街がまるごと歴史記念館のようです。

オススメは、ケーブルカーのようなバス、見つけたらぜひ乗ってみましょう。

ブリキのバケツを担いで「おおおおおおっ」と呼び掛けて歩いているのは、タホ売り。豆腐にタピオカをトッピングし、黒蜜をたっぷりかけて頂くおやつ、コップ1杯20ペソほど、これもマストトライですよ。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。