1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. モスクワ(ロシア)観光地
  5. 救世主キリスト聖堂の現地クチコミ
モスクワ (ロシア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Christ The Savior Cathedral 救世主キリスト聖堂

maimai (現地在住ブロガー、日本語教師)

白亜の大聖堂 ロシア正教会の総本山

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 定番人気

壮絶な歴史を持つ救世主キリスト聖堂(Christ The Savior Cathedral)

1883年 ナポレオン(祖国)戦争の勝利記念・戦没者の慰霊として44年の歳月をかけて建築され1万人も収容出来るロシア一の大きさを誇る大聖堂でした。
1931年 ロシア革命後 宗教弾圧の対象になり、爆破破壊。ソヴィエト宮殿建設の予定でしたが、大聖堂跡地から地下水が出たため ソ連時代はプールとして使用されていました。人々はその地下水をキリストの涙とも言っていたそうです。
ソ連崩壊後、2000年8月に再建され、現在 ロシア正教会の総本山として君臨しています。

薄曇りの多いロシアの天気にも この大聖堂の白と金のコントラストは映え、遠目からでも威厳を放っています。
内部は新しいフレスコ画が綺麗に描かれています。

観光地としても有名ですが、実際に総本山として現在の信者の方々がお参りに来られます。
小規模ですが大変綺麗に整備された庭も見所 旅の疲れが癒されます。

メトロの最寄駅はクロポトキンスカヤ
クレムリンからも徒歩15分以内、プーシキン美術館からは数分のところにあります。

夜のライトアップもとても綺麗ですので是非ご覧ください!

住所 ヴォルホンカ通り15-17 開館時間 10:00〜17:00
ホームページ http://www.xxc.ru/english/index.htm 英語 入場無料

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。