2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニース(フランス)観光地
  5. 国立マルク・シャガール美術館の現地クチコミ

ニース (フランス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Musee National Marc Chagall 国立マルク・シャガール美術館

間違いなし!シャガール美術館◎

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

 「人生に必ず終焉があるなら、我々も人生が続く限り、愛と希望の色でそれらを彩らなければならない。この愛には、生活の社会理論とそれぞれの宗教の本質がある。私にとって、芸術と人生における完成は聖書の源に由来している。この由来なくして、芸術も人生も、ロジックと創造性のからくりだけでは結実することは無い。」

 数あるニースの美術館の中でもヤーパンが特におススメしたいのはここ『シャガール美術館』です!この美術館は、美術館には珍しく画家本人が生前建造にたずさわったものです。その開幕式でシャガールは上記のように述べました。シャガールの言葉の中にもあるように旧約聖書をテーマにした美術館となっています。日本人にはやはり聖書の内容はわかりずらいことが多いと思いますが、ここでは日本語オーディオガイドが身分証明書を提示すると借りられるようになっています。料金は通常時入場料9€に含まれています。ただし、このオーディオガイド、美術館の入場料が無料になる日は2€かかります。

 ギャラリーラファイエットのすぐ裏のバス停から51番のバスで10分程揺られた場所、その名もズバリMusée Chagallという停留所で降りていただいて、反対側に道路を渡った先にあります。

 中はとても広々としていて日当たりがよく、ソファがたくさんあるので、ゆっくりシャガールの作品に包まれて心ゆくまで過ごすことができます。ちなみにこの美術館は写真撮影OKですが、フラッシュは禁止となっていますのでお気をつけください。数ある作品の中でもヤーパンがこれだけは絶対に見ていただきたい!と思うのは、なんといっても音楽堂に設置された天地創造をテーマにした3作のステンドグラスです!南仏の明るい陽光とシャガールの青が見事なまでに融合して、息をのむ美しさをかもし出します。

 シャガールはパリオペラ座の天井画を依頼された際に、もともとあった絵を塗りつぶしたくないという理由で天井を2重にしてその上に描いたというぐらい繊細で優しい人柄であったという話を聞いたことがありますが、ここはまさにシャガールのその優しい愛が溢れる美術館だと思います。所要時間は本当に見る方によると思いますが、1時間ぐらいあれば十分だとも思いますし、時間のある方は半日でもゆっくりできる場所です。

そして美術館を鑑賞した後はぜひ庭にあるかわいらしいカフェにも寄ってみてください。広い庭でゆったりとお茶するのも気持ちがいいものです。実はこの庭、夏には野外コンサートなどが行われたりもします。カフェのオーナーは日本好きな方で帰る際には「さようなら。」の代わりに「また明日。」と声をかけてくださいます。こちらからも「また明日。」と声をかけるととても喜んでくださると思いますよ。

 さぁ、皆さんそろそろシャガール美術館に行きたくなってきた頃ではありませんか?そんな時にお伝えするのは大変心苦しいですが、実はこの美術館現在絶賛改装中とのことです。公式ホームページには2016年頭まで、と書いてありますがここはフランス◎再開が遅れることは大いに予想がつきますね。でも美術館がリニューアルオープンした際にはぜひぜひ!足を運んでみてください!

Avenue Docteur Ménard 06000 Nice
04 93 53 87 20

通常時開館時間
11月~4月は10時~17時
5月~10月は10時~18時
(毎週火曜日休館、1月1日、5月1日、12月25日休館)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。