1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ポルト(ポルトガル)観光地
  5. クレリゴスの塔の現地クチコミ
ポルト (ポルトガル) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Clerigos Tower クレリゴスの塔

りゅみに (会社員)

ポルトの街を一望できる!旧市街で一番高い塔

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

ガイア地区からでもその姿が確認できる、クレリゴスの塔。

その歴史を少し振り返ってみましょう。

クレリゴス教会は、イタリア人建築家ニッコロ・ナッソーニによって建てられた、バロック式の教会です。

17世紀、ポルトに誕生した3つのグループを束ねて発足したクレリゴス会には、活動の拠点となる教会がありませんでした。
そこで、ドン・ジェロニモ・タヴォラ・イ・ノローニャが議長を務め、今後を検討する会議を開きました。その中で彼の支援するナッソーニの設計で教会を建てることに決まりました。

1732年6月23日、ニッコロ・ナッソーニが見守る中、教会の礎となる一つ目の石が設置されたとき、ポルト中のありとあらゆる教会の鐘が鳴り響き、こだましたと言われています。ポルト中が教会の建設をお祝いしていたのです。

工事は途中まで順調に進んでいたのですが、途中でぱったりと止まってしまいました。

原因は、新しい教会が誕生することを懸念したサント・イルデフォンソ教会の司祭による様々な陰謀のせいだといわれています。

サント・イルデフォンソ教会の司祭長を交代した後も状況は変わらず、工事が進まないはっきりとした要因も特定できなかったため、1745年に心機一転、全てを一からやり直すことにしました。

3年後の1748年7月28日、クレリゴス教会で記念すべき初めての礼拝が行われました。
残念ながらその時まだ正面のファサードすら完成しておらず、それにはさらに2年の月日を要しました。

教会へ続く階段は1750年に着工され、1754年に完成しました。
その後もチャペル(祭壇)部分などの工事が続き、全てが完成したのは1779年、工事を始めてから実に47年の月日が経っていました。

その間、1754年から1763年にかけて、6階建てで高さ75メートルのクレリゴスの塔が併設されました。
建設当時、ポルトガルで一番高い建物でした。
(また、当初の計画では、二対の塔になる予定だったとの文献が残っています)

クレリゴスの塔からは360度、ポルトの街が見下ろせます。
ドウロ川、対岸のガイヤ地区、カテドラル、劇場、市庁舎。
オレンジの屋根が愛らしい家々や、屋根の上で猫やカモメが休んでいる姿を眺めることもできます。

250年以上にわたり、ポルトの街を見下ろしてきたクレリゴスの塔。
らせん階段を登るのは予想以上に体力を消耗しますが、登り切った後の爽快感と心地いい風、ポルトの街で疲れも吹き飛ぶことでしょう。

ポルト観光に外せないスポットです。

フィリグラーナ (インポーター)

ポルトガルで一番高い教会の塔!

  • 定番人気

ポルト市内の多くの場所からこの教会の塔を見ることができ、ポルト歴史地区の象徴となっています。
アリアードス通りのふもとにあるホテルから左手の道を見上げると、
そこに堂々とした教会の姿を見ることができます。

■歴史的背景
17世紀にポルトへ集まってきた3つの慈善団体により、聖職者たちを支援するため、
クレリゴス教会の建設計画が立てられました。
クレリゴスは「聖職者」を意味し、彼らが集う場所を作るのが目的でしたが、
実際に建設が始まったのは1732年で完成したのは1750年のことでした。

バロック様式のこの教会は、イタリア人ニッコロ・ナッソーニが設計したもので、
彼は当時ポルトの様々な建築物を手掛けていました。
ポルトの象徴となっている塔は、教会が完工された後の1754年から1763年までかけて建てられています。
こちらも教会のメイン・ファザードのように花崗岩がふんだんに使われています。

また、クレリゴス教会の近くには病院がありますが、
この病院も聖職者や貧民を救うために同時期に建設されたものです。

■見どころ
教会のメイン・ファサードは、とても豪華で古代ギリシア神話を思わせるような、
花や貝などのモチーフが施されています。
教会内の祭壇には大理石や金が使用され、典型的なバロックの楕円平面図が用いられています。

教会や塔の入口は少しわかりづらいですが、側面の歩廊にドアがあります。
ここから入って左手には教会が、右手には塔に上がるための受付けと階段があります。

教会の中をじっくりみたら、次はポルトガルで一番高い建築物だと言われている塔にチャレンジしてください。
塔の高さは75.6mあり、頂上まであがるために225段あります。

頂上は少し狭いですが展望台になっていて、晴れた日はとても気持ちがいいですし、
ポルトの街を一望することができます。
階段は薄暗く、上がるにつれて道が狭くなっていきます。
途中に時を知らせる鐘があり、こちらは今でも動いているため、
時間が来ると非常に大きな音が鳴り響くので注意してくださいね。

アクセス :ポルト側最寄り駅 サンベント駅(Sao Bento)
価格帯 :塔に上る場合 大人 3ユーロ

※リスボンからポルトはAfla号という特急電車で2時間半です。
Lisboa - Oriente駅から乗り、Porto - Campanha駅で降りるのが便利です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。