1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. プラハ(チェコ共和国)グルメ
  5. ウ フレクーの現地クチコミ
プラハ (チェコ共和国) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Brewery and restaurant U Fleků ウ フレクー

えむくみ (エディター / ライター)

プラハでもっとも有名なビアホール

  • ビールがおいしい
  • 定番人気

プラハでは10世紀にビール醸造所が誕生して以来、社会主義時代でもその歴史と伝統は受け継がれてきました。市内にはレストランを兼ねた伝統的なビアホールがいくつもあり、自家製ビールとともにチェコ料理を楽しむことができます。

なかでもオススメなのが、古いプラハのビアホールの雰囲気があるウ・フレクー。創業1499年、現在まで500年以上も途絶えることなくビールを醸造し続けている醸造所&レストランです。醸造所の規模は大きくはないですが、ウ・フレクーならではのアルコール度数が高い黒ビール(400ml、69チェココルナ)が有名。グビグビ飲むのではなく、じっくりと味わいながら飲んでみましょう。ビーフシチューのようなグラーシュやローストダック、ローストソーセージなど、チェコのちょっと濃いめの味が特徴の煮込み料理やグリル料理とよく合います。

店内には細長いテーブルが並ぶ大ホールや古いボヘミアンホールなど、いくつもの部屋があり、中庭でも食事ができます。メニューはチーズやハムなどのコールドミート、サラダ、メインと種類別に並び、英語が併記されています。食事で利用する場合には一皿の量が多いので、2〜3人でシェアして注文したほうがベター。メイン料理は159〜399チェココルナ。スタッフはスムーズに英語で対応してくれます。支払いはクレジットカードも使用可。

夜はアコーディオンの生演奏が入り、テーブルへ来て演奏してくれることも。曲をリクエストした場合には、チップを渡すのがマナーです。

地元客はもちろん、多くの観光客で常ににぎわっている店です。プラハを訪れたらぜひ、ビールジョッキを片手に憩いのときを過ごしてみては。

店は新市街にあり、トラム駅のナーロドニー・トゥシーダ Národní třídaから徒歩約10分、地下鉄ムーステク Můstek駅からは徒歩約15分とアクセスは不便なので、ホテルからタクシーを利用するのがオススメです。

2013/07訪問
伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

15世紀末の創業。もとは修道院だった建物をビアホールに。

  • チェコ料理がおいしい
  • 定番人気

1499年の創業と、現存するプラハのホスポダ(居酒屋)では最も長い歴史を持つ店のひとつです。
修道院だった建物を利用、お店に入ると「店の古さ」を実感できます。
大きな木のテーブルを大勢で囲んで飲むビールは、いかにもプラハならではの雰囲気です。

自家醸造の黒ビールが自慢。甘くてコクがあるビールで、このウ フレクーでしか飲めません。
ただ、観光客向けという感じも否めず、他のお店よりちょっと価格が高め。
「にぎやかし」に寄ってくる「流し」は、顧客の出身国に合わせた曲を弾くのが逆に興ざめ、という声も聞きます。

いつも混み合っているので、とりあえず店を体験しに行くのであれば、
午後の遅めの時間が空いていて良いかもしれません。
店内だと騒々しくてダメ、という人は中庭でのんびり飲む、という手もありますね。

入口を入ってすぐのところに、ジョッキーをはじめとするこの店のグッズを売るお土産屋さんがありますから、
帰りに覗いてみるとよいでしょう。

お店は割と見つけやすい場所にありますが、店外にかかった時計を目印に探すと分かりやすいでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。