1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. プラハ(チェコ共和国)観光地
  5. モーゼル ガラス ミュージアムの現地クチコミ
プラハ (チェコ共和国) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Moser Glass Museum モーゼル ガラス ミュージアム

フランツさとみ (フリーライター)

ボヘミアガラスの最高峰・モーゼルの神技を間近で見よ!

  • 見学ツアーおすすめ
  • 定番人気
  • 有名人ご用達

ボヘミアガラスは世界的に有名なチェコの伝統産業ですが、そのなかで、モーゼルは最高峰に君臨するブランドです。
創業者のLudwig Moser(ルードウィック・モーゼル)は、1857年、ヨーロッパ有数の温泉保養地であるカルロヴィヴァリに、自身のガラス工房を開きました。
すると、瞬く間に、オーストリア=ハンガリー帝国において、最も権威のあるクリスタル生産者として名を馳せるようになりました。やがて、英国のエドワード7世やエリザベス女王らにも愛用され、モーゼルが「王家のガラス」と呼ばれる所以となります。

モーゼルの特徴は、芸術的なグラスカット、彩色、洗練されたデザインです。 材料のなかにレアアースを混ぜることでより光沢と透明感が増し、天然貴石に近いカラーを出すことに成功しています。
一つ一つの緻密な作業が全てハンドメイドで行われており、ガラス職人、カッティング師、彫刻家たちの優れた技術を発揮して、比類のないガラス製品を作り続けています。

モーゼルガラスミュージアムを訪れたのなら、是非とも見てほしいのが工房の見学。
見学ツアーは30分おきに行われ、熱気あふれる工房内で、熟練職人たちの神技が間近で見られます。息を吹くたびに形が整えられていく様はまるで魔法のよう!その迫力を是非とも体感してみてください。

博物館では、150年にわたるモーゼルの歴史を見ることができます。初期の作品から現代のコレクションまで1,000以上の作品が並び、モーゼルのファンにはたまらないでしょう。

ショップも併設されているので購入も可能です。日本よりもお安く買えますが、それでもやはりセット価格で10万円からと高額なのはさすがモーゼルですね。

いずれの時間帯も入場しやすいでしょう。

入場料:博物館のみ 80コルナ、工場見学のみ 120コルナ、博物館+工場見学 180コルナ
所用時間:2時間

<アクセス情報>
Tržnice(バスターミナル)から1、2、22番バスでSKLARSKA下車すぐ

2017/02訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。