1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ソウル(韓国)グルメ
  5. 麻薬キンパッの現地クチコミ
ソウル (韓国) グルメの現地クチコミ

Kkoma Kimbap 麻薬キンパッ コマキンパッ

puon (ソウル観光メディア、企画デザイン)

麻薬キンパプとの異名を持つ、クセになる小さくて可愛いキンパプ

  • 海苔巻き(キンパッ)がおいしい
  • 地元っ子に人気

本当の店名は「モニョ・コマッキンパプ」なんですが、
麻薬のようにクセになると、口コミで評判になり、以来「麻薬キンパプ」と呼ばれています。
すごいネーミングになってしまいましたね。

コマッとは小さいという意味で、子供などを「コマヤ〜!」なんて呼んだりするのですが、
日本語で一番近い響きの言葉は「チビ」あたりかと思います。

その名の通り、一口サイズのキンパプがこのお店の特徴。
具は、ニンジンとタクワンの細切りが少し入っていて、細く巻いてあります。
一般的なキンパプが太巻きなら、これはかっぱ巻きのような感じでしょうか。
とにかくシンプルなので、次から次へと口に運んでしまい、
アッという間に平らげてしまいます。
これが麻薬と呼ばれる所以か〜!と感慨無量。

その他に、ユブチョパプ(稲荷寿司)がありますが、これも丸くて可愛い一口サイズ。
味は、日本の稲荷寿司とそう変わらないイメージですが、ゴマ油風味が韓国的です。
大きいものや量の多いものが好きな韓国文化にあって、
この小ささが逆に受けた料理と言えるでしょう。

さて、かなり難易度の高い場所に位置していますので、
わからなかったと言う方も多いようです。
広蔵市場(クァンジャンシジャン)の西側の狭い路地に位置していますが、
わからなければ「マヤッキンパッ?」と訪ねて行くと、指差しジェスチャーなどで
親切に教えてくれます。

その場で食べても良し、お持ち帰りでも良しの一品です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。