1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 台北(台湾)グルメ
  5. 無老鍋(台北中山店)の現地クチコミ
台北 (台湾) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

WuLao(Zhongshan) 無老鍋(台北中山店) ウーラァオグォ

台北人 (旅行コーディネーター、ライター、ブロガー)

おいしくてヘルシーな漢方鍋でパワーアップ!

  • 鍋料理がおいしい
  • 定番人気

中山北路エリア、ロイヤルホテルの向かいという便利なロケーションにある「無老鍋」。
MRT中山站から徒歩5分位です。

内装は落ち着いたスタイリッシュな印象。
中山店は1階から3階まであり、半個室もあります。
最近は日本人観光客にも人気があり、お客様が増えているそうです。

先にお鍋のスープを選んでから、具材を注文します。
スープは次の3種類。

1.「麵包豆腐白湯鍋」(白いスープです)
名前の「麵包豆腐」ですが、お店の日本語メニューでは“パン豆腐”と書いてあります(以前の名前は「養顔美容鍋」)。
食パンの形をしたオリジナルのお豆腐入りです。

2.「不老辣香鍋」(赤い辛いスープです)
あまり辛過ぎない漢方スープです。

3.「アイスクリーム豆腐鍋」(白いスープです。ソフトクリームの形の特製お豆腐のことです。実際にアイスクリームが入っているわけではありません)

無老鍋のお鍋のスープには20種類以上の漢方薬と香辛料が入っており、身体の中から美しくなれるそうです。
私がいただいたのは1の「麵包豆腐白湯鍋」。
最初は漢方の匂いが気になるかもしれませんが、具材を入れていくと、あまり気にならなくなります。
複雑な漢方の混ざったお味に箸が止まらなくなりますね。

具材は単品で注文します。
野菜や、肉類ですと牛肉、豚肉、鶏肉類、他には魚、練り物のお団子などもあります。

スープが足りなくなれば、すぐにサービスしてもらえます。
サービスは良いです。

おもしろい具材はアイスクリーム豆腐。
淡白ながらアイスクリームがとろけるような食感のお豆腐をぜひお試しください。単品でもオーダーできます。(1個30元)
辛い物がお好きな方には2の「不老辣香鍋」がオススメですね。

ちなみに看板商品は「鴛鴦鍋」(エンヤンコー)。名前は「対」の意味をもつ「鴛鴦(おしどり)」に由来し、一つの鍋の中に仕切りがあり、半分ずつ2種類いただけるお鍋です。

飲み物は、ソフトドリンク(コーラ35元~)とアルコール類があります。
ビールは台湾ビール95元。ハイネケン150元。台湾のマンゴービール、パイナップルビール各100元もありますよ!

平均予算ですが、ディナーで平均お一人様700元~800元だそう。

最低消費額はひとつのテーブルにつき650元です(別途、サービス料金が10%かかります)。最低消費額とは、実際に食べた分がその金額を満たさなくても請求される価格です。例えば消費した合計金額が500元でも、お会計の際には650元を請求されるという意味です。

日本では馴染みがないかもしれませんが、そのような決まりになっているためお気を付けください。とはいえ二人以上ならすぐにクリア出来る消費金額だと思います。

休日のランチタイム、ディナータイムなど混み合っている時間帯は90分の時間制限あり。
お食事時間を外した、割と混み合っていない時間帯は比較的ゆっくりしても大丈夫だそうです。

営業時間は午前11:30~深夜2:30まで。
クレジットカードの使用もできます。

美味しくて健康にも良く、定期的に検査されている安心な食材のお鍋。
台湾現地のヘルシーな漢方鍋をぜひお試しください。

2017/04訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。