1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ウィーン(オーストリア)ホテル
  5. インターコンチネンタル ウィーンの現地クチコミ
ウィーン (オーストリア) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

InterContinental Vienna インターコンチネンタル ウィーン

伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

市立公園に面する大型ホテル。主要な観光スポットへも徒歩圏内!

  • 定番人気

作曲家の銅像が並ぶ市立公園の目の前にある5つ星ホテル。
高級ホテルが建ち並ぶオペラ座界隈からはやや離れていますが、徒歩や地下鉄で向かうことが出来ます。

部屋数は459室。時々日本からの観光グループも利用しているようです。
インターネット接続は無線LANは基本的に有料ですが、
インターコンチネンタルホテルズのIHGリワーズクラブメンバーに対しては優待があります。

飲食施設も充実しています。「Restaurant MediterraNeo」では各国料理やウィーンの伝統料理が楽しめます。
「Café Vienna」ではウィーン風のケーキなどを提供しています。
「Intermezzo Bar」は夕方から営業。ライブを聴きながら豊富なカクテルなどが楽しめます。

24時間営業のフィットネスセンターにはサウナやスチームバスが備え付けられています。
フェイシャル・ボディートリートメントを専門のインストラクターから受けることも出来ます。

最寄り駅は地下鉄のシュタッドパーク(訳すと市立公園)。空港へはミッテ駅経由でSバーンか空港特急で行きます。

バレンタ 愛 (旅行会社勤務、フリーフォトライター)

コンサートハウスの隣のロケーション!朝食には和食もあり

  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

豪華ながら落ち着きのあるインテリアでまとめてあるホテルIntercontinental。地下鉄U4、Stadtpark駅前、そしてオペラ座のあるKarlsplatzや空港からのアクセスが便利なWien Mitte駅からは1駅という抜群のロケーション。隣にはヨハン・シュトラウス像で有名なStadtparkや世界中の有名歌手やオーケストラが演奏公演を行うコンサートハウスもあります。中心地の1区へも徒歩すぐ!
客室は458部屋、19室のStudio Suites、14室のJunior Suites、15室のExecutive Suites、そしてPresidential Suiteまで全部で49室のスイートルームが用意されています。スイートルームの宿泊客だけがアクセス出来るラウンジのサービスもきめ細やか。
嬉しいのは朝食のビュッフェの豪華さ。フルーツも卵料理もサラダなども揃っていますが和食コーナーもあり!白いご飯を朝からいただきたい人には嬉しい限りです。その他にホテルにはガラス張りで開放的なレストランが1つ、夜中2時までOpenしていて軽食も楽しめるラウンジバーが1つあります。
ホテルの隣は街中にありながら夏季はビーチ気分が、そして冬はスケートリンクになるスペースがあります。地元の人に混ざって楽しんでみるのもお勧めです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。