1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. インターラーケン(スイス)観光地
  5. シュタウプバッハの滝の現地クチコミ
インターラーケン (スイス) 観光の現地クチコミ

Staubbach Fall シュタウプバッハの滝

堀 洋輔 (旅行会社代表)

ゲーテも愛した、高低差300メートルの大滝

  • 眺望おすすめ
  • 穴場
  • 人気急上昇

インターラーケン・オスト駅からグリンデルワルト方面への列車に乗ってしばらくすると「ツヴァイリューチネン」という駅で線路がふた手に分かれます。

グリンデルワルトは左、そして右に行くとラウターブルンネンの村に到達します。

氷河に削られてできた谷の合間にある村で、周辺には72の滝があり、ラウター(LAUTER)=音の大きい・ブルンネン(BRUNNEN)=泉、という名が付けられたと言われています。

数ある滝の中でも見逃せないのがシュタウプバッハの滝(Staubbachfall)で、高低差300メートルを大量の水が流れ落ちるさまは圧巻。
滝の下は水しぶきが霧のようになっていて、シュタウプ(STAUB)=塵という名前も頷けます。

かつてこの村に滞在していたゲーテやワーズワースが自身の作品にこの滝の美しさを書き残していることでも有名です。

アルプスの観光では天気が悪いと景色も見えず残念となってしまうことが多いなか、ここだけは悪天候時には水量が増し迫力が段違いとなるので、特に天気が悪い日が続くような時はここを訪れてみることをオススメします。

Photo by Andrew Bowden

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。