1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. インターラーケン(スイス)観光地
  5. シーニゲ・プラッテの現地クチコミ
インターラーケン (スイス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

堀 洋輔 (旅行会社代表)

高山植物を見るならここ

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気

インターラーケンから気軽に行ける展望台で、アイガーも含めたベルナー・オーバーラントの山々を一望することができます。

インターラーケンの隣町ヴィルダースヴィル(Wilderswil)から出発する登山鉄道シーニゲ・プラッテ鉄道(SPB)で山頂駅までは約50分。

標高1,967mの山頂には駅の他に展望レストランやホテル(ベルグホテル・シーニゲ・プラッテ)の他、スイスアルプスで見られる数々の高山植物を集めた植物園(Alpengarten Schynige Platte)があります。約8,300㎡の広大な敷地に約600種類の高山植物が栽培されているので、ハイキングをされる方はここで植物や花の予習をしていくと楽しいかも。

アクセスはまずインターラーケン・オスト駅からグリンデルワルト行きかラウターブルンネン行きの列車でヴィルダースヴィルへ。ヴィルダースヴィルからはSPBで山頂駅まで約50分。途中駅はブライトラウエネン(Breitlauenen)ひとつだけですが、山頂駅からこの駅までの下りハイキングは1時間ほどで、手軽に楽しめるコース。

SPBの運行は5月中旬〜10月下旬の夏季のみで、正規料金は往復でCHF71.20(インターラーケン・オスト〜ヴィダースヴィル間を2等利用の場合)。

★割引一覧
スイストラベルパス/スイストラベルパス・フレックス:ヴィルダースヴィル〜シーニゲプラッテ間50%割引(インターラーケン〜ヴィルダースヴィルは無料)
ハーフフェアカード(GA含む):50%割引
ユーレイルパス(セレクトパス含む):インターラーケン〜シーニゲプラッテ間25%割引
インターラーケン・ビジターズカード:ヴィルダースヴィル〜シーニゲプラッテ間は割引なし(インターラーケン〜ヴィルダースヴィルは無料)

和田 憲明 (株式会社スイス・サポート代表)

可愛いミニ登山電車に揺られて高山植物園へ

  • 散歩おすすめ
  • 穴場

インターラーケンから比較的簡単に行ける展望スポットが、シーニゲ・プラッテ。
名峰、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山が並ぶ景観が見事です。
目を転じると、眼下にブリエンツ湖、トゥーン湖とインターラーケンの町並みが広がります。

インターラーケン・オスト駅からグリンデルワルト(またはラウターブルンネン)行きの
登山電車に乗り、次の駅、ヴィルダースヴィルで下車。
赤い車体が可愛いミニ登山電車に乗り換えます。
ヴィルダースヴィルから森の中をガタゴト登ること50分。
山頂駅が近づくにつれ、雄大なアルプスの景観が車窓に広がります。

シーニゲ・プラッテの駅には高山植物園があり、色とりどりの高山植物に出会うことができます。
ここにはスイスに生息する約650種類もの高山植物が、自然を生かした環境の中で生育され、
訪れた人は園内を散策しながら鑑賞できるようになっています。

園内をざっと一回りするのに約1時間。
色とりどりの高山植物とともに、プレートで花の名前も確認。
これなら「この花の名前は?」などと図鑑を調べなくても大丈夫ですね。
兵庫県の六甲高山植物園とも姉妹提携を結んでいるそうです。

高山植物園に加え、レストランや山岳ホテルもあるので、ゆっくりランチや宿泊もできます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。