1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. ソウル
  6. 歴史・文化・芸術
  7. ソウル弾丸旅!アートの世界

プチラグジュアリーな旅のススメ

~プチラグジュアリーなホテル、グルメ、スパなどを紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
Crystal
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
プチラグジュアリーをテーマに旅をしています。
トラベルジャーナリスト。

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

アーカイブ

ソウル弾丸旅!アートの世界

2019/10/03 14:24
アラリオミュージアム イン スペース
エリア:
  • アジア > 韓国 > ソウル
テーマ:
  • 歴史・文化・芸術
2、ARARIO MUSEUM in Space

昌徳院から安国駅の方に歩くと、
ガラス張りのおしゃれな建物と、蔦で覆われた建物が見えます。
屋上に空間という看板がある蔦で覆われた建物が旧館で美術館、
ガラス張りの建物は新館で、カフェ&レストラン棟です。


美術館は、アラリオミュージアム イン スペースと言い、
アラリオの創業者であるキム・チャンイル会長が収集した
約3700点のコンテンポラリーアートコレクションから
セレクトして展示している現代アート美術館です。


旧館は、美術館になる前は、
韓国現代建築家の巨匠、
故キム・スグンの建築事務所でした。

カウンターで入場料を払い、
階段を上って、展示スペースへ。

展示スペースは2階〜5階のフロアー。
まず5階までフロアーごとに見て、
5階のフロアーを鑑賞したら、
来た階段とは異なる階段から降ります。
この階段で降りないと見られない作品が、
5階〜地下まで各フロアーにあります。


作品は、韓国を代表する現代美術アーティスト、ナム・ジュン・パイク、
日本人アーティストの名和晃平、キース・へリング、
アンディ・ウォーホル、ドイツの作家イェルク・インメンドルフなど
が展示されていました。
アンディ・ウォーホル
タグ:
ソウル
現代アート
アラリオミュージアム
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。