1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 旅工房・国内担当さん
  4. 歴史・文化・芸術の記事一覧

  国内エリア: 沖縄 > 沖縄離島 の他のブログはこちら|

旅工房・国内担当

~ちょっと足を延ばせば出会える懐かしい風景、新しい発見‥やっぱりニッポンが大好きです!~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房・国内担当
居住地:
東京都
会社名:
株式会社旅工房
会社英字名:
Tabikobo co.,ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
安心を信頼の旅行会社 旅工房の国内担当がおくるブログです。休日ぶらり旅での出会いや、旬の気になる情報ナドを発信。国内の魅力とともにお届けします!

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

泡盛(タイトル用)
宮古島の伝統『おとーり』文化!
エリア:
  • 沖縄>沖縄離島>宮古島
テーマ:ビーチ・島 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/07/30 14:06
コメント(0)
こんにちは!スタッフFです。
以前「与那覇前浜」など宮古島研修ネタで更新してからもう約1カ月…社会人になると(?)本当に月日の間隔が短くて焦ります;

8月も目前、夏休み真っ只中ですね。真夏の沖縄に行って絶対飲みたいのは…
そう、AWAMORI〜!※もちろんオリオンビールも。

宮古東急リゾートと泡盛

ということで、今日は同じく宮古島ネタからちょっと面白い“お酒文化”についてのお話を。

宮古島でお酒を楽しむ際にはずせないワード、“おとーり”。
島人いわく、おとーりを語らずして宮古は語れないそう(笑)

それは宮古・伊良部&多良島独特の”お酒の飲み方”のことで、(※本島や石垣島にはない様です)神様に捧げたお酒をみんなで飲んで、恵みをいただこうという意味が込められているそう。

教わった大体の決まりは、
(1)泡盛・水・ピッチャーセットを用意し、「親」と呼ばれる人を決める。
(2)親がおとーりグラスに水割りをつくり、スピーチと共に飲みほす。
(3)その後親がその他の人達(子)にも同じグラスで水割りをつくり、全員いただく。
(4)最後に親がもう一杯飲んで締め、次の親を指名。
(5)この繰り返しエンドレス!になります。

研修に行った際、私もちょっとだけ体験させてもらいましたが、お酒を美味しくいただけるくらいにセーブさせていただきました(笑)

おとーり1
↑強めの一杯を…

おとーり2
↑一気に!実は宮古出身の方。見事な飲みっぷりでした。

もちろん、観光客やお酒に弱い人、女の子などにはムリ強いさせるようなことはない・・・とのことです。たぶん。

地元文化、運が良ければ島人たちとの交流をたのしむチャンスにもなると思うので、機会があればお酒好きの方にはぜひ体験してみてほしいです^^

ビーチイメージ
?

PR
各種沖縄ツアーも!旅工房国内ツアーはコチラ
各種沖縄ツアーも!旅工房国内ツアーはコチラ
益子陶器市・テント02
益子『春の陶器市』へいってきました。
エリア:
  • 関東>栃木>真岡・益子・茂木
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/05/09 19:41
コメント(0)
こんにちは。スタッフFです。

2011年のGW、みなさんはどのようにすごされましたか?
近場になりますが、私は以前から行きたいと思っていた栃木県益子の『春の陶器市』へいってきました♪

益子といえば、益子焼。
1966年から始まった陶器市は、毎年春のゴールデンウイークと秋の11月初旬に開催されます。
販売店やテントがずらーっと立ち並び、陶芸通から雑貨好きの若い人まで多くの人が集まるんです。
3月の震災の影響を心配してましたが、例年より期間短縮という形で開催されてなにより!

ちょっと小旅行気分を味わいたかったので、都内からTX→鉄道を乗り継いでいきました。
本当は、途中駅の下館発SLに乗りたかったのですが…残念ながらこの日は試運転とのことで、記念撮影のみ。

SLの始発駅「下館」

SLin下館01

SLin下館02


下館〜益子までは、こちらのスイカ色の列車で。一両電車でかわいいです。

真岡鐡道の普通列車はスイカ色

そしてお昼頃に益子駅に到着!

益子駅

さすが益子駅。トイレの表札まで陶器!


駅から陶器市の会場までは徒歩15分くらいです。

益子陶器市・入口

会場通り入口から中間地点まではテントやお店の形の店舗が並んで、その先にテントが密集してるエリアが現れます。
期待通り素敵な益子焼が至る所にあって、一つひとつのテントを見たかったのですが…今回は欲しいものに目星を決めてまわりました。

伝統的な益子焼にうっとり(お値段も素敵‥)して、個性的な若手作家さんや海外の作家さんのテントにわくわくして、とってもたのしかったです。
目的の器も購入して、ちょっとお茶して約4時間の滞在でした。

益子陶器市・店舗02

益子陶器市・テント01

益子陶器市・テント02


また行ってみたいカフェもみつけたので、秋にも遊びに行けたらなーと思います。かわいいペンションなどもあるみたいなので、泊まりがけてのんびり訪れてもいいかもしれないですね。

「災害復興がんばろう」のメッセージを掲げて尽力してくださった地元の方々に感謝です。


益子陶器市・戦利品
↑今回の戦利品の一部です*

PR
お得な国内旅行の情報はこちら!航空券のみの検索もできます☆
お得な国内旅行の情報はこちら!航空券のみの検索もできます☆

1 - 2件目まで(2件中)