1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 近畿
  5. 大阪
  6. 天満・京橋・大阪城
  7. 観光地
  8. 大阪城歩き2

コニコニの、にこにこブログ

~ぼちぼち街あるき~

プロフィール
ニックネーム:
コニコニ
居住地:
大阪府
性別:
男性
年代:
50代
自己紹介:
思いつきで海外・国内に旅行に出かけます。
大阪の街歩きも好きで、大阪検定2級が唯一?の資格です。
イベント会場に出向いていくのも結構好きです。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

大阪城歩き2

2012/07/01 19:06
刻印石広場
エリア:
  • 近畿 > 大阪 > 天満・京橋・大阪城
テーマ:
  • 観光地
  • / 歴史・文化・芸術
大阪城の北側、山里丸方面から天守閣に向かうと、


多くの観光客が訪れる天守閣の南側とは


真逆の位置に入ってきます。






山里丸から見た大阪城
天守閣を北側から入る。






天守閣の右側(西側)にちょっと変わった場所があります。




「隠し曲輪(くるわ)」と呼ばれるスペースです。



隠し曲輪






実はここに軍勢が隠れていて、


いざ敵が北側から攻めてきた時に、


天守閣ばかりに気を取られていると、


横から攻撃を受ける仕組みになっていたのです。





隠し曲輪の入り口
隠し曲輪(くるわ)の入り口はこんなに狭い。







確かに、現在でも観光客のほどんどがこの「隠し曲輪」に気付かず、


天守閣を目指していることでしょう。


隠し曲輪の説明ボード
立派な説明ボードもあります。





その隠し曲輪の中に入ってみると、




石垣に刻まれたこんなマーク?が目に入ります。



丸に花クルス





これは「丸に花クルス」と呼ばれる

伊予・大洲藩(愛媛県)の加藤家の刻印です。




徳川幕府による大阪城再築の際、


多くの大名が区域を分担していて


その大名がどの場所を作ったか、


という印にしているのです。





山里丸の中には、


刻印石を集めている広場があるので、


のぞいてみるもいいですね。




刻印石の説明
広場には刻印の説明もあります。
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。