1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. マルセイユツアーズさんのブログ
  4. 旧慈善院の意外な歴史

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

南仏プロヴァンスマルセイユから

~南仏マルセイユやプロバンス地方の観光情報サービス~

マルセイユツアーズ
南仏プロバンス地方・マルセイユ現地日本語観光サービス
プロフィール

ニックネーム:
マルセイユツアーズ
居住地:
ヨーロッパ>フランス>エクス アン プロヴァンス
会社名:
コモジャポン
会社英字名:
Com O'Japon
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>エクス アン プロヴァンス
会社電話番号:
07-8259-8420
業種:
旅行業
自己紹介:

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

旧慈善院の意外な歴史

2017/04/23 18:23
旧慈善院01
エリア:
  • ヨーロッパ > フランス > マルセイユ
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / 歴史・文化・芸術
マルセイユ最古のパニエ地区
バラ色の旧慈善院の意外な歴史

旧港の北側、新港ラ・ジョリエット停泊区のすぐ東側に、マルセイユで最も歴史のあるパニエ地区があります。曲がりくねった細い石畳の坂道が続く古い街並みです。
その歴史は紀元前600年頃、ギリシャのフォカイヤ人の入植までさかのぼります。大規模な改修工事を経て、今では画廊や陶芸工房、お洒落なカフェやレストラン、かわいい雑貨屋などが集まる観光スポットです。
旧慈善院02
パニエ地区の一番の見所は、旧慈善院(または旧施療院)(La Vieille Charité ラ・ヴィエイユ・シャリテ)です。18世紀初頭に貧困層の救済を目的に建築されました。バロック様式の華麗な建造物で、歴史遺産に指定されています。ドームを持つ立派な中央礼拝堂を、3階建ての美しい回廊が囲んでいます。
旧慈善院03
現在は、2つの博物館および展覧会場になっていて、建物を見学しながら芸術鑑賞も楽しめます。
ローズピンクと白の石壁が青空に映え、美しく華やかな旧慈善院ですが、実は長年、廃墟の状態が続いていました。1940年初頭、建築界の巨匠ル・コルビュジェがその老朽化を指摘しましたが、マルセイユ市が改修工事を完成したのは1986年のことです。1951年に旧慈善院が歴史遺産に登録された時、その荒れ果てた状態は、まるでローマ遺跡のようだった、とマルセイユ地元紙の新聞記者は皮肉そうに語っています。
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
マルセイユツアーズ(コモジャポン)では観光・通訳・各種サービスを提供しています。南仏で《まるで日本にいるかのような》サービスをご希望の際はお気軽にお問い合わせください。
マルセイユツアーズ(コモジャポン)では観光・通訳・各種サービスを提供しています。南仏で《まるで日本にいるかのような》サービスをご希望の際はお気軽にお問い合わせください。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。