1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. スペースワールドさんの旅行ブログ

  海外エリア: カリブ海 > キューバ の他のブログはこちら|

旅行会社 スペースワールド 現地視察情報

~☆スペースワールド スタッフが現地視察してきたホットな情報をお届けします☆~

プロフィール

ニックネーム:
スペースワールド
居住地:
東京都
会社名:
株式会社スペースワールド
会社英字名:
SPACE WORLD,.INC.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3353-8782
業種:
旅行業
自己紹介:
創業1990年以来「海外こだわりツアー専門店」として中南米や地中海方面に特化してツアーを企画、販売している旅行会社です。
☆オリジナリティーあるツアーをお得な料金でラインナップ。
☆私どものツアーは個人旅行に近い形でのご旅行となります。団体ツアー特有のストレスはありません。
☆全コース1名様より催行を保証します。(一部のコースは除く)団体ツアーによくある催行中止はありません。
☆全コースともアレンジが可能です。日程変更、延泊、減泊、専用車やオプショナルツアーの手配、ホテル・飛行機のグレードアップなど、お客様のご希望通りにアレンジ致します。
☆現地に精通している担当者(ツアーコーディネーター)が、お申込みからご出発までお客様の専属担当者としてご案内致します。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(12件中)

トリニダ1
キューバ研修旅行4 4日目
エリア:
  • カリブ海>キューバ>ハバナ
  • カリブ海>キューバ>トリニダー
  • カリブ海>キューバ>キューバその他の都市
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/03/01 16:17
コメント(0)
スペースワールドの松本です

4日目も良いお天気!!!!
トリニダ観光からスタート

トリニダ
カラフルでコロニアルな雰囲気が可愛らしい
世界遺産に登録されていて、25CUCのコインの風景にもなっています
お土産屋さんが並んでいるエリアでは
定番のTシャツ等からアクセサリー、絵画やレースなどショッピングも楽しめます
トリニダ2トリニダ3

ラ・カンチャンチャラ
トリニダの伝統的な飲物『カンチャンチャラ』が飲めるバー
サトウキビの蒸留酒『アグラルデンテ』に蜂蜜とレモンでまさに蜂蜜レモン!
ほどよい甘さとさっぱりさでお酒が入っているのを忘れそうなくらいです
飲みながらキューバ音楽も楽しめますし、可愛いトカゲにも遭遇できるかもしれません
カンチャンチャラ1カンチャンチャラ2

革命博物館
館内は革命軍メンバーの写真や遺品、
中庭にはアメリカ軍が使用したボートやトラックなどが展示されています
塔の上から見た町並みが素敵です
革命博物館革命博物館2

サトウキビの谷『VALLE DE LOS INGENIOS』
こちらも世界遺産に登録されています
サトウキビの谷の展望台からは眼下に広がる景色をお楽しみ頂けます
ジップラインを楽しんでいる人もいました
ロスインへニオス渓谷

シエンフエゴス
1819年にフランス移民によって作られた町でこちらも世界遺産に登録されています
コロニアルな雰囲気は有りつつ、色合いがフランスっぽい感じですね
ホセマルティ広場
シエンフエゴスシエンフエゴス2

『パラシオ・デ・バージェ』
1913年にオーストリア人によって建てられた邸宅
とても豪華でお洒落な建物です
カップルが結婚式の写真を撮っておりました♪
我々もこちらでランチ
ちなみにキューバはエビの養殖が盛んの様でしたので追加代金にてイセエビに!美味美味です!
パラシオデバージェランチ

さてハバナに戻ってきました
あっという間に最終日の夜です
最後にヘミングウェイが通ったと言われる名店をご紹介
いつも沢山の人で賑わっています

フロリディータ
ヘミングウェイが足しげく通い、
『パパ・ヘミングウェイ』を飲んでいたと有名なバーです
ダイキリが美味しい♪ヘミングウェイと一緒に写真を撮るのが定番です
フロリディータダイキリ

ラ・ボデキータ・デル・メディオ
入口の壁にヘミングウェイの写真やサインが書いてあります
モヒートとキューバの郷土料理をお楽しみ下さい!
ボデギータボデギータ2

インフラや設備面等で不便さも多少ありますが、
食べ物も口に合うし、優しい人々、素朴で懐かしい雰囲気が素敵なキューバは
味わい深い国だと個人的に思います

行った事の無い方は是非一度!
行った事の有る方も是非再び!!
キューバを訪れてみて下さいね
タグ:
ハバナ シエンフエゴス トリニダ ヘミングウェイ 

PR
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
バラデロビーチ
キューバ研修旅行3 3日目
エリア:
  • カリブ海>キューバ>バラデロ
  • カリブ海>キューバ>キューバその他の都市
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/03/01 15:49
コメント(0)
スペースワールドの松本です

3日目は良いお天気!!!
朝のビーチ最高ですね♪
もっとのんびりしたかった…

本日はバラデロからサンタクララを経てトリニダへ長距離移動
なので名残惜しいですが、出発

サンタクララはバラデロから約3時間、ゲバラとゆかりのある町です
チェ・ゲバラ霊廟
博物館には、子供の時からの写真や手紙、
身に着けていた物なども沢山保管されています
霊廟内、博物館内の写真撮影およびバッグの持込みは禁止です
チェゲバラ霊廟

トレン・ブリンダード記念碑
1958年12月29日にゲバラ率いる革命軍が政府軍の装甲車を襲撃し、
翌年の革命軍の勝利のきっかけになった場所です
装甲列車やモニュメントがあります
トレンブリンダード記念碑

チェ・ゲバラの像
サンタクララの共産党本部(地方支部?)前にあります
スペイン人の彫刻家によって作られた
子供を抱え、右手には葉巻を持ったこちらの像を良ーく見ると‥
体のあちこちに沢山の人が!非常にユニークです
チェゲバラ像

ここでちょっとブレイク!
CUBAのCERVEZA(ビール) 『CRISTAL』『Bucanero』
『CRISTAL』は軽くてとっても飲みやすい
『Bucanero』は『CRISTAL』より若干アルコール度数は高め
個人的には『Bucanero』ですが、『CRISTAL』派が多かったですよ

どこにでもあるわけではないらしいのでビール好きの方は見つけたら注文してみるといいかもしれません
お酒は20歳になってから
クリスタルブカネロ

さてさてサンタクララよりトリニダ
ここからは道路が田舎道になってきました。。
約2時間半のワインディングロードをドライブ後、トリニダに到着

本日の宿は『ラスクエバス』
高台に位置し、私達が泊まったのはコテージの様に独立しているお部屋で外観も可愛らしい!アウトドア系が好きな方には非常におすすめです
ただ、自然がいっぱいなので虫が苦手な方は、多少対策が必要かも。。しれません!?
ラスクエバス1ラスクエバス2
のどかな雰囲気
道中でも馬を沢山見ましたが、放牧されているので間近で見る事が出来るかも♪
夜は星も綺麗でした

次は4日目です
タグ:
トリニダ サンタクララ バラデロ チェゲバラ 

PR
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
チェ・ゲバラ
キューバ研修旅行2 2日目
エリア:
  • カリブ海>キューバ>ハバナ
  • カリブ海>キューバ>バラデロ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2019/03/01 12:51
コメント(0)
スペースワールドの松本です

2日目スタートです!!
今日はハバナからバラデロへ移動します

突然ですが、
『エルネスト・チェ・ゲバラ』『アーネスト・ヘミングウェイ』はご存じでしょうか
二人はキューバで活躍し、キューバをこよなく愛した人物として知られています
この偉人達のゆかりの地も巡っていきます

まずは演説の場として有名な革命広場
少し前まで工事をしていたので、広場内への入場が出来ないかも・・
と言われていましたが無事に広場へ入る事が出来ました!
生憎の空模様でしたがこちらも有名なゲバラとカミーロの壁画が迎えてくれます
革命広場

ハバナ旧市街へ
個人的には、キューバのちょっと寂れた感じの町並みや雰囲気が好きですハバナ旧市街1ハバナ旧市街2

ラム酒ハバナ・クラブ博物館
キューバ土産の定番『ハバナ・クラブ』
ガイドツアーではハバナクラブの歴史や製造過程を学べ、最後にテイスティングも出来ます
ハバナクラブ1ハバナクラブ2

サンホセ民芸品市場
倉庫を改装した市場で、絵画や民芸品を購入できます
値札は付いていないので交渉を楽しんで下さいね
サンホセ民芸品市場1サンホセ民芸品市場2
海底トンネルを通り、対岸へ

モロ要塞
旧市街の景色を一望できるフォトスポット
天気が良く、時間があればのんびりピクニックを楽しみたい感じですね
モロ要塞からの景色

カバーニャ要塞・第一ゲバラ邸宅
ゲバラファンは必見!!
熱烈なファンでなくとも写真や絵画などの展示を見ていると思わず好きになってしまいそうな…そんなゲバラの魅力が伝わってきます

カバーニャ要塞には、ゲバラの執務室、その他に葉巻のお店もあります
職人さんが葉巻を作る様子も見る事が出来ますよ♪
ゲバラ執務室

第一ゲバラ邸宅には、沢山の写真や絵画の他に、髪の毛も展示されていました!
ゲバラ第一邸宅1髪の毛

ハバナに後ろ髪を引かれながら、、ヘミングウェイ博物館
ヘミングウェイが生前住んでいた家をドアや窓から室内を見る事が出来ます
保存状況は良く、どの部屋にも沢山の書物があり、
沢山の植物に囲まれた穏やかなフィンカビヒア邸で
ヘミングウェイがキューバで幸せな時間を過ごしていたことを感じられます
ヘミングウェイ博物館1

おなかが空いてきたので『ラ・テラサ』にてランチ
『老人と海』の舞台として有名なコヒマル
店内には写真が飾られ、ヘミングウェイの指定席も有ります
入口のバーカウンターも素敵な雰囲気
ラテラサ

一路、バラデロへ

途中キューバ最長のバクナヤグア橋にて休憩
見た目も可愛く美味しいピニャコラーダ
リゾート気分を盛り上げてくれます
ピニャコラーダ

ビーチリゾートで有名なバラデロに到着
が、すでに暗い…

今日は『ラス・アメリカス』に宿泊{/m_0150/}
チェックインの際に手首にリストバンドを巻いてくれます
オールインクルーシブホテルなので支払を気にしなくていいのが良いですよね
ブッフェ式レストランでの夕食
種類も豊富♪
ブッフェレストランダイキリ

次は3日目です
タグ:
ハバナ バラデロ チェゲバラ ヘミングウェイ 

PR
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
ハバナ空港
キューバ研修旅行1 準備1日目
エリア:
  • カリブ海>キューバ
  • 北米>カナダ>トロント
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2019/03/01 11:37
コメント(0)
スペースワールドの松本です!
キューバ研修旅行にご招待頂き
エアカナダ航空を利用し3泊6日の下記スケジュールでのキューバ周遊をしてきました。

スケジュール
1日目 エアカナダで東京ートロントーハバナ ハバナ泊
2日目 ハバナーコヒマルーバラデロ バラデロ泊
3日目 バラデローサンタクララートリニダ トリニダ泊
4日目 トリニダーシエンフエゴスーハバナ ハバナ泊
5、6日目 ハバナートロントー東京

今回は準備と出発編です!
キューバ旅行の際は、準備も大切です
ツーリストカードの取得
日系の海外旅行保険の加入
ETA申請※エアカナダ航空便のご利用時


ご旅行ご出発の1、2週間前頃に
お時間&お気持ちに余裕を持って、忘れずに申請しましょう!
※弊社のお客様は、弊社でツーリストカードの代行取得も可能です

ツーリストカード、保険証書、ETA申請を完了し、いざ出国
余談ですが、羽田空港の出国ゲートは顔認証ゲートがすでに導入されていました
システム化が進んでいますね♪

エアカナダ航空はスターアライアンスに加盟しています
エコノミークラスは、アメニティは有りませんが、
約9インチのタッチスクリーンにUSBポートが付いているので充電が可能です
スクリーン

私が搭乗した便 羽田ートロント間 では日本人の乗務員さんは見つけられませんでしたが機内食等を日本語で教えてくれる乗務員さんが何名かいらっしゃいました
英語、フランス語の後に、日本語のアナウンスもしてくれるので安心感がありますね

個人的には
TEAを頼むと紅茶ではなく日本茶が出てくる事
Midnight Snack タイムにカップヌードルとサンドウィッチを配ってくれる事
が嬉しかったです
ミッドナイトスナック

約12時間のフライト後、トロントに到着
トロント-キューバ線への乗継です
まずは電光掲示板でゲート番号をチェックし、
国際線から国際線の乗継は、頭上のEサインに沿って進みます
電光掲示板頭上のサイン

しばらく進むとEDFの分かれ道
このまま直進してしまうと出口やカナダ・アメリカ入国になってしまいます
人の流れについていくと間違える可能性も有りますので、気をつけて下さいね!!
空港内
ここさえ間違えなければETA申請済みなので、その後のパスポート、セキュリティチェックはスムーズでした♪
トロント乗継はスーツケースのピックアップは不要です

ゲートの場所を確認したら搭乗時間までは自由時間
手元にカナダドルが無くても、クレジットカードがあれば便利ですね

またビジネスクラスご利用の方やスターアライアンスゴールドカード会員の方ですと
メープルリーフラウンジもご利用頂けます
メープルラウンジ

トロント-キューバ線はエアカナダルージュ便
お食事はありませんが、お飲物のサービスがありました
機内ドリンク
アナウンスは英語とフランス語のみ
約3時間半のフライトを経て、キューバのハバナへ

どうやら今回は通常とは別のターミナルへ到着し、
スーツケースも2つのレーンから出てくる等イレギュラーが発生していた模様ですが、
何はともあれ無事に人も荷物もハバナに到着しました

次回は、2日目です
タグ:
キューバ 

PR
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
キューバのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
独立広場
チュニジア視察 (8)チュニス
エリア:
  • アフリカ>チュニジア>チュニス
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/12/27 18:04
コメント(0)
チュニジア視察レポートもついに完結。
第八弾は首都チュニスです♪

第一弾の導入変でちらっと触れましたが、フランス領時代の影響か、
新市街の方はヨーロピアンな雰囲気で、近代的な建物もあります。トラムも走っています。
アフリカ大陸のイメージと違う!と思われる方も少なくないのではないでしょうか。

チュニスのシャンゼリゼ『ハビブ・ブルギバ通り』は、左右にはホテルやレストラン、カフェなども立ち並び、真ん中は遊歩道のようになっています。

ハビブ・ブルギバ通り
チュニスの街角

ハビブ・ブルギバ通りをメディナ方面に歩くと、独立広場があります。
独立広場

メディナの入口をくぐると、一気に雰囲気が変わります。
路地は狭く、両側にお店がひしめき合っています。


メディナの入口バーブ・ブハル(フランス門)
フランス門

ビクトワール広場
ヴィクトワール広場

メディナの路地
チュニスのメディナ

素敵なカフェ
チュニスのメディナのカフェ

メディナの散策の後、視察のフィナーレを飾るのは バルドー博物館 です。
外観は近代的ですが、もともとオスマン帝国時代の宮殿だったため、内部は一部天井に美しい漆喰の装飾があったり、当時の様式の部屋も残っています。
ローマ時代を中心に、モザイクの圧倒的な規模、保存状態の良さを誇り、
観光客が必ずと言っていいほど訪問する、チュニジア最大の観光スポットと言えます。

数々のモザイクコレクション
(床を踏むのがもったいない気分になります…)
バルドー博物館

宮殿の面影が残ります
バルドー博物館2

タイルも素敵♪
バルドー博物館3


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

盛りだくさんの内容でしたが、ここまでお読みいただいていががでしたでしょうか。
まだまだ旅行先としてはそんなにメジャーではありませんが、
実はバラエティに富んだ観光素材があって、とても面白い国です。
皆さんにも興味を持っていただけたら嬉しいです。

今回は訪れることが出来ず記事内でご紹介しておりませんが、
他にもハマメットケルクアンジェルバ島などが含まれたツアーも多数ございます。

是非、次のご旅行先にご検討いただけたらと思います!
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
タグ:
チュニジア モザイク 博物館 

PR
チュニジアのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース
チュニジアのツアーの検索はこちらから! 海外こだわりツアー専門店[スペースワールド]ワクワクする旅をプロデュース

1 - 5件目まで(12件中)