1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. walkworldさん
  4. ハイキング・登山の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

walkworld

~五感で感じる世界の旅~

五感で感じる世界の旅
ヨーロッパのスキーやハイキング、グルメツアーなどの体験ツアーを主とした、現地旅行をご紹介しています。
プロフィール

ニックネーム:
walkworld
居住地:
大阪府
性別:
男性
年代:
50代
会社名:
株式会社セントラルツアーズ
会社英字名:
CENTRAL TOURS.INC.
会社所在地:
兵庫県
会社電話番号:
078-392-2008
業種:
旅行業
自己紹介:
2003年にオーストリアのチロル地方を訪問、それ以来オーストリア・チロル地方、イタリア・ドロミテ地方(南チロル)、アオスタ地方、スイス全域、フランス/スペイン国境のピレネー地方などに魅了されて、主にハイキング旅行の企画手配を生業としています。
近年はワイン好きもあって、フランスとスペインのバスク地方やイタリアのヴェネト、エミリア・ロマーニャ、トスカーナなどでアグリトゥリズモ滞在やグルメ・ワイナリーツアーなどもはじめています。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

エスペレット、フレンチ・バスク
フレンチ・バスク満喫
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>バイヨンヌ
  • ヨーロッパ>フランス>フランスその他の都市
テーマ:観光地 ハイキング・登山 グルメ 
投稿日:2021/05/19 13:29
コメント(0)
明日はフレンチバスクを移動しながら見て回るので、今日は仲間とバイヨンヌで有名カジュアルレストランでディナー。
「La Table de Sebastien Grave」
https://latable-sebastiengrave.fr/

ラ・タブルのアミューズ

ラ・タブルの前菜

ラ・タブルのメイン

どれをとっても独創的で、とても美味しい!カジュアルスタイルなので、このクオリティだとかなりお得感満載で、また訪れたくなるレストランでした。

そして翌日、フランチ・バスクでの見どころは、やはり大西洋を見渡せるラ・リューヌ山からの絶景とそこまでアクセスできるかわいい登山電車の『プティ・トラン・ラ・リューヌ』です。この山頂からは、大西洋を見渡せる素晴らしい展望です。

ラ・リューヌ登山列車

登山列車

ラ・リューヌ山頂

山頂からの景色は最高です。


この登山列車をお楽しみいただいた後は、唐辛子の村としても有名なエスプレット村。バスクの村々はどこもかわいい建物が建ち並んでいるのですが、この村はこのかわいい建物の壁に唐辛子がぶら下がっていてさらにかわいさを増しています。

唐辛子の村エスペレット

そしてルイ14世の住居跡もある高級海岸リゾートのサン・ジャン・ド・リュズ。

サン・ジャン・ド・リュズ発祥のマカロン

ここはマカロンの発祥の地としても有名です。

サン・ジャン・ド・リュズのガトー・バスク

ご当地ケーキのガトーバスクや、今流行りのバスク風チーズケーキもありました!

サン・ジャン・ド・リュズのビーチ

サーファーの間でも有名なビーチ!この時期は静かでした。
タグ:
フレンチ・バスク バイヨンヌ サン・ジャン・ド・リュズ エスペレット ラ・リューヌ 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
Speck large
ドロミテで何食べようか
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>コルチナ・ダンペッツォ
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 グルメ 
投稿日:2019/01/29 16:14
コメント(2)
ドロミテと言っても広大で、イタリア北部に位置するのですが、旧チロルだったドイツ語圏の南チロル州から、元々イタリア北部の
コルチナ周辺のヴェネト州北部まで文化も様々です。

コルチナの郷土料理といえば餡が赤いビーツのカスンツェイが有名です。他の地域では見ない赤い餡のラビオリはとても美味しく頂けます。

Casunnzei

セッラ山塊周辺のアルタバディア地区に行けば、チロル文化が濃く残っていて牧羊も多く、私は特にAlta Badiaチーズが好物です。ょっぱ過ぎずまろやかでついつい食べ過ぎてしまいます。

Cheese

この地域ではチロル文化が濃い為チロルで多く出される団子、カネーデル(クヌーデル)やウィンナシュニッツェルなんかも食べることができます。

またここアルタバディア周辺で多いのは、煎餅のように薄くて硬いシュッテルブロートというパンがありそれを砕いて再度練ったパスタがあります。これは元々このパンが香ばしい香りがするのでパスタも普通のパスタよりも香ばしく頂けます。

Shuttenbrotnudeln

他にもシュペック(燻製ハム)やサラミも美味しく、さらにボルツァノ周辺にはワインストリートという街道もあり、美味しいワインを頂けます。またイタリアンビールはあまり評判よくはないのですが、ここ南チロルにはフォルストという美味しいビールが存在します。アルコールが苦手な方はりんごジュースをお試しください。私はヨーロッパでこの地域が一番りんごジュースがおいしいと思っています。

Speck

Lagrein

ドロミテを歩くと迫力ある景色を堪能するだけでなく、食事も大いに楽しんでみてください。消耗した分異常に摂取して、ダイエットにはならないかもしれませんが、後悔はしないと思います。
タグ:
ドロミテ ドロミテハイキング イタリアグルメ 南チロル ヨーロッパハイキング 

PR
五感で歩く世界の旅
五感で歩く世界の旅
GAVARNIE1
ピレネー山脈
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>ルルド
  • ヨーロッパ>スペイン>スペインその他の都市
  • ヨーロッパ>アンドラ公国>アンドラ公国その他の都市
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ 自然・植物 
投稿日:2018/12/19 17:05
コメント(2)
ピレネーと聞くと日本からはかなり遠い地だと想像する人も多いでしょう。

確かに日本からだと直行便はなく、ヨーロッパのどこかで乗換えてトゥールーズまで
足を運ぶこととなり、さらにそこから車で2時間走って漸くフランス側の拠点であるルルド周辺に到着できます。もちろんこのほかにもアンドラやスペイン側のアラン谷やオルデサ渓谷も旅の拠点となります。

ここでピレネー山脈に関して触れておきます。ピレネー山脈は、フランス南西部を東西に約430kmと長く聳えています。ピレネー山脈を挟んで北側がフランス、南側がスペイン、中腹にはアンドラ公国、西が大西洋、東は地中海です。最高峰は3404mのアネト山でたくさんの3000m峰が
連なっています。またサンチアゴ・デ・コンポステッラ巡礼路の通過点としても栄えていて、古くから文化がとても栄えているところです。
西側の大西洋側、ビスケー湾沿いのバスク地方は世界一の美食の場所としてもよく知られ、夏はハイキングや自転車、冬はスキーなどが楽しめ、ピレネーを取り巻く環境は、ネタが尽きることがありません。

私自身もこの10年以上特にフランス側のピレネーの人たちと仲良くしていただき、特別な時間を過ごすことができました。

それではとりあえず、写真で紹介させてもらいます。まずは自然をご覧ください!

落差ヨーロッパ一423mのガヴァルニーの滝(フランス)

GAVARNIE2

古くからスペインとの交易の場として栄えたスペイン橋(フランス)

P.ESPAGNE

スペイン橋を上がったところにある美しい湖ゴーブ湖(フランス側)

LAC DE GAUBE

ゴーブ湖の奥に聳える秀峰ヴィニュマーレ峰(フランス)

VINEGMALE

おっそう谷の奥に聳えるピックドミディドッソウは魚が上を向いたような形で特徴的です(フランス)

OSSAU

ピレネーのグランドキャニオンといえばオルデサ渓谷、凄いスケールです(スペイン)
ORDESA

ピレネー最高峰アネト山とアイギュワッツ湿原(スペイン)

ANETO
タグ:
ヨーロッパハイキング ピレネーハイキング フランスハイキング スペインハイキング 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
CORVARA
ドロミテのど真ん中、アルタ・バディア
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>イタリアその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ グルメ 
投稿日:2018/12/14 14:18
コメント(0)
日本でドロミテといえばコルチナ・ダンペッツォ、トレチーメ、ミズリーナ湖などの地名が有名ですが、ドロミテのアルタ・バディアって?どこなの?と思われる方の方が多いことでしょう!

ということで、説明しますとドロミテの中心にはセッラ山塊(1周約50kmり、その周りを車で1周できるようになっています。そのセッラ山塊の北東角周辺の村々の総称をアルタ・バディアと呼びます。トスカーナに住む私の友人もバカンスといえばアルタ・バディアというくらいイタリア人から有名な場所です。

では、何故そんなに有名かというと、この地は第1次世界大戦まではチロルの統治でドイツ語を話す地域でしたが、大戦後イタリアに割譲され今に至ります。そのためホテルのクオリティーはイタリアではなくてチロルなので星ひとつ分ぐらいイタリアのホテルよりクオリティーが上がります。さらに食事はチロル料理Xイタリア料理で山岳地域でもアドリア海から魚も運ばれ標高2000mを超える山小屋レストランでもロブスターが提供されます。

スポーツは冬は1枚のスキーパスで1000km滑れるアルペンスキー、夏は自転車やハイキングと1年を通して楽しめるリゾートなのです。


【泊まるX遊ぶX食べる】全てが世界レベルなのですよ。

こんなリゾート他にないでしょう。


さてアルタ・バディアというのは地域の総称といいましたが、村はコルヴァラ、コルフォスコ、ラヴィッラ、サン・カシアーノ、バディア、ラヴァルという村々からなります。この地域の人たちはラテン語の原型でもあるラディン語を元々話しますので、イタリア語とドイツ語に加えラディン後の3つの言語を普通に話せます。さらにリゾートで働く人たちは英語は共通語となるため4つの言語は最低話せるということです。こういったところも世界中からのお客様に対応できる特徴なのだと思います。

コルヴァラ サッスンガー山

CORVARA

コルヴァラからゴンドラコルアルトに乗って上がるとマルモラーダ山も眺められます

CORVARA

コルフォスコ 正面はセッラ山塊

COLFOSCO

ラ・ヴィッラから見たサス・ドラ・クルスク

LA VILLA

私もこのアルタ・バディアと関わって既に10年以上経ちますが、付き合う人たちが、いい人ばかりで感動しています。彼らはイタリア人である前にラディン人であって、チロル人であって、誇りを持って生きています。最後に国籍という点でイタリア人という感じです。

だから同じイタリアでも他のイタリアとは異なりかなり異色なのです。

とりあえず今日は漠然と紹介しましたが、また細かな部分にも後日触れてみたいと思っています。
タグ:
アルタ・バディア ドロミテ ハイキング スキー イタリア 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
LE PUY EN VEREY
世界遺産【シェヌ・デ・ピュイ火山群】
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>フランスその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 
投稿日:2018/12/10 12:10
コメント(0)
12月9日にの世界遺産の番組でフランスのオーヴェルニュ地方【シェヌ・デ・ピュイ火山群】が特集されていました。

このオーヴェルニュ地方の中心はクレルモン・フェラン、タイヤメーカーのミシュランの本社がある街です。溶岩を使用して建てられた真っ黒な教会が印象的です。

CLERMONT FERRAND

世界遺産には今年2018年に登録されました。

この地域は日本ではヴォルヴィックの飲料水のラベルで有名です。ヴォルヴィック村はクレルモン・フェランから北に15km位のところに位置します。この地域の水は日本人に馴染みやすい軟水の為、違和感なく美味しい水が頂けます。

私が訪れた時は雲が多くてよい写真がないのですが、この火山群の最高峰がピュイ・ド・ドーム(1464m)へは登山列車で簡単に登れました。

PUY DE DOME RAIL

ここからみると、この火山群がとても綺麗に繋がっているのを見ることができます。さらに頂上からは下りのハイキングを楽しめ、隣の山へも登れます。どちらの山も山腹は美しいブナの森になっていて気持ち良いハイキングを楽しめます。

CHAIN DE PUY

HIKING

ここオーヴェルニュ地方はまだまだ日本では有名ではないのですが、古き良きフランスの田舎風景を味わえる地域で自然も豊かでとても良いところでした。

クレルモン・フェランから南へ130km所に位置するル・ピュイ・アン・ヴレーはサンチアゴ巡礼路のル・ピュイの道の拠点としても有名なところです。

LE PUY EN VEREY

ピュイ・ド・ドーム以外でもピュイ・ド・サンシー地区でもハイキングは盛んで、食事も美味しい水を使用した料理を楽しめます!
タグ:
オーヴェルニュ地方 シェヌ・デ・ピュイ火山群 ピュイ・ド・ドーム クレルモン・フェラン オーヴェルニュハイキング 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅

1 - 5件目まで(8件中)