1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. walkworldさん
  4. 観光地の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

walkworld

~五感で感じる世界の旅~

五感で感じる世界の旅
ヨーロッパのスキーやハイキング、グルメツアーなどの体験ツアーを主とした、現地旅行をご紹介しています。
プロフィール

ニックネーム:
walkworld
居住地:
大阪府
性別:
男性
年代:
50代
会社名:
株式会社セントラルツアーズ
会社英字名:
CENTRAL TOURS.INC.
会社所在地:
兵庫県
会社電話番号:
078-392-2008
業種:
旅行業
自己紹介:
2003年にオーストリアのチロル地方を訪問、それ以来オーストリア・チロル地方、イタリア・ドロミテ地方(南チロル)、アオスタ地方、スイス全域、フランス/スペイン国境のピレネー地方などに魅了されて、主にハイキング旅行の企画手配を生業としています。
近年はワイン好きもあって、フランスとスペインのバスク地方やイタリアのヴェネト、エミリア・ロマーニャ、トスカーナなどでアグリトゥリズモ滞在やグルメ・ワイナリーツアーなどもはじめています。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

エスペレット、フレンチ・バスク
フレンチ・バスク満喫
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>バイヨンヌ
  • ヨーロッパ>フランス>フランスその他の都市
テーマ:観光地 ハイキング・登山 グルメ 
投稿日:2021/05/19 13:29
コメント(0)
明日はフレンチバスクを移動しながら見て回るので、今日は仲間とバイヨンヌで有名カジュアルレストランでディナー。
「La Table de Sebastien Grave」
https://latable-sebastiengrave.fr/

ラ・タブルのアミューズ

ラ・タブルの前菜

ラ・タブルのメイン

どれをとっても独創的で、とても美味しい!カジュアルスタイルなので、このクオリティだとかなりお得感満載で、また訪れたくなるレストランでした。

そして翌日、フランチ・バスクでの見どころは、やはり大西洋を見渡せるラ・リューヌ山からの絶景とそこまでアクセスできるかわいい登山電車の『プティ・トラン・ラ・リューヌ』です。この山頂からは、大西洋を見渡せる素晴らしい展望です。

ラ・リューヌ登山列車

登山列車

ラ・リューヌ山頂

山頂からの景色は最高です。


この登山列車をお楽しみいただいた後は、唐辛子の村としても有名なエスプレット村。バスクの村々はどこもかわいい建物が建ち並んでいるのですが、この村はこのかわいい建物の壁に唐辛子がぶら下がっていてさらにかわいさを増しています。

唐辛子の村エスペレット

そしてルイ14世の住居跡もある高級海岸リゾートのサン・ジャン・ド・リュズ。

サン・ジャン・ド・リュズ発祥のマカロン

ここはマカロンの発祥の地としても有名です。

サン・ジャン・ド・リュズのガトー・バスク

ご当地ケーキのガトーバスクや、今流行りのバスク風チーズケーキもありました!

サン・ジャン・ド・リュズのビーチ

サーファーの間でも有名なビーチ!この時期は静かでした。
タグ:
フレンチ・バスク バイヨンヌ サン・ジャン・ド・リュズ エスペレット ラ・リューヌ 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
marche2
北イタリア パドヴァを楽しむ!
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>パドバ
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2019/03/01 17:03
コメント(0)
北イタリアのヴェネト州といえばヴェネチアばかりが注目されがちですが、少し足を延ばすと他にも色んな魅力的なところがあります。
なかでも今回はパドヴァをご紹介します!ヴェネチアから列車で約30分、距離も40kmくらいしか離れていません。

スクロヴェーニ礼拝堂のジョットのフレスコ画は思った以上に感動しました。礼拝堂内に書かれたフレスコ画は素晴らしく、使われている青の色がなんともいえません。
scroveni

このほかにも創業170年の老舗カフェ・ペドロッキで飲む緑色のコーヒー。
このコーヒーにはスプーンがついていなくて混ぜずに飲まないといけません。少しミント風味がついた甘い味でとても美味しくいただきました。
pedrocchi

市場巡りなどは、結構楽しめます。
生ハムやチーズ、お惣菜などが置いてあります
marche1

マルシェでは野菜や海の幸から山の幸まで何でも揃います
marche3

また地元で評判のレストランへ行くのも楽しみです。ベッレ・パルティをパドヴァ在住の食に詳しい日本人の方に紹介されました。ヴェネト郷土料理の生パスタビーゴリから魚料理まで何でも食べられます。ワイン好きのかたも十分納得できるくらいワインも多く取り揃えてありました。
belle parti1

belle parti2
タグ:
イタリア旅行 グルメ旅行 ヴェネト州 パドヴァ イタリアグルメ旅行 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅

1 - 2件目まで(2件中)