1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. walkworldさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イタリア の他のブログはこちら|

walkworld

~五感で感じる世界の旅~

プロフィール

ニックネーム:
walkworld
居住地:
大阪府
性別:
男性
年代:
50代
会社名:
株式会社セントラルツアーズ
会社英字名:
CENTRAL TOURS.INC.
会社所在地:
兵庫県
会社電話番号:
078-392-2008
業種:
旅行業
自己紹介:
2003年にオーストリアのチロル地方を訪問、それ以来オーストリア・チロル地方、イタリア・ドロミテ地方(南チロル)、アオスタ地方、スイス全域、フランス/スペイン国境のピレネー地方などの主にハイキング旅行の企画手配を続けています。
近年はフランス/スペインのバスク地方やイタリアのヴェネト、エミリア・ロマーニャ、トスカーナなどでアグリトゥリズモ滞在やグルメ・ワイナリーツアーなどはじめています。

カレンダー

11月<2018年12月    
1
23 4 567 8
910 11121314 15
16171819202122
23242526272829
3031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(12件中)

CORVARA
ドロミテのど真ん中、アルタ・バディア
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>イタリアその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ グルメ 
投稿日:2018/12/14 14:18
コメント(0)
日本でドロミテといえばコルチナ・ダンペッツォ、トレチーメ、ミズリーナ湖などの地名が有名ですが、ドロミテのアルタ・バディアって?どこなの?と思われる方の方が多いことでしょう!

ということで、説明しますとドロミテの中心にはセッラ山塊(1周約50kmり、その周りを車で1周できるようになっています。そのセッラ山塊の北東角周辺の村々の総称をアルタ・バディアと呼びます。トスカーナに住む私の友人もバカンスといえばアルタ・バディアというくらいイタリア人から有名な場所です。

では、何故そんなに有名かというと、この地は第1次世界大戦まではチロルの統治でドイツ語を話す地域でしたが、大戦後イタリアに割譲され今に至ります。そのためホテルのクオリティーはイタリアではなくてチロルなので星ひとつ分ぐらいイタリアのホテルよりクオリティーが上がります。さらに食事はチロル料理Xイタリア料理で山岳地域でもアドリア海から魚も運ばれ標高2000mを超える山小屋レストランでもロブスターが提供されます。

スポーツは冬は1枚のスキーパスで1000km滑れるアルペンスキー、夏は自転車やハイキングと1年を通して楽しめるリゾートなのです。


【泊まるX遊ぶX食べる】全てが世界レベルなのですよ。

こんなリゾート他にないでしょう。


さてアルタ・バディアというのは地域の総称といいましたが、村はコルヴァラ、コルフォスコ、ラヴィッラ、サン・カシアーノ、バディア、ラヴァルという村々からなります。この地域の人たちはラテン語の原型でもあるラディン語を元々話しますので、イタリア語とドイツ語に加えラディン後の3つの言語を普通に話せます。さらにリゾートで働く人たちは英語は共通語となるため4つの言語は最低話せるということです。こういったところも世界中からのお客様に対応できる特徴なのだと思います。

コルヴァラ サッスンガー山

CORVARA

コルヴァラからゴンドラコルアルトに乗って上がるとマルモラーダ山も眺められます

CORVARA

コルフォスコ 正面はセッラ山塊

COLFOSCO

ラ・ヴィッラから見たサス・ドラ・クルスク

LA VILLA

私もこのアルタ・バディアと関わって既に10年以上経ちますが、付き合う人たちが、いい人ばかりで感動しています。彼らはイタリア人である前にラディン人であって、チロル人であって、誇りを持って生きています。最後に国籍という点でイタリア人という感じです。

だから同じイタリアでも他のイタリアとは異なりかなり異色なのです。

とりあえず今日は漠然と紹介しましたが、また細かな部分にも後日触れてみたいと思っています。
タグ:
アルタ・バディア ドロミテ ハイキング スキー イタリア 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
LE PUY EN VEREY
世界遺産【シェヌ・デ・ピュイ火山群】
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>フランスその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 
投稿日:2018/12/10 12:10
コメント(0)
12月9日にの世界遺産の番組でフランスのオーヴェルニュ地方【シェヌ・デ・ピュイ火山群】が特集されていました。

このオーヴェルニュ地方の中心はクレルモン・フェラン、タイヤメーカーのミシュランの本社がある街です。溶岩を使用して建てられた真っ黒な教会が印象的です。

CLERMONT FERRAND

世界遺産には今年2018年に登録されました。

この地域は日本ではヴォルヴィックの飲料水のラベルで有名です。ヴォルヴィック村はクレルモン・フェランから北に15km位のところに位置します。この地域の水は日本人に馴染みやすい軟水の為、違和感なく美味しい水が頂けます。

私が訪れた時は雲が多くてよい写真がないのですが、この火山群の最高峰がピュイ・ド・ドーム(1464m)へは登山列車で簡単に登れました。

PUY DE DOME RAIL

ここからみると、この火山群がとても綺麗に繋がっているのを見ることができます。さらに頂上からは下りのハイキングを楽しめ、隣の山へも登れます。どちらの山も山腹は美しいブナの森になっていて気持ち良いハイキングを楽しめます。

CHAIN DE PUY

HIKING

ここオーヴェルニュ地方はまだまだ日本では有名ではないのですが、古き良きフランスの田舎風景を味わえる地域で自然も豊かでとても良いところでした。

クレルモン・フェランから南へ130km所に位置するル・ピュイ・アン・ヴレーはサンチアゴ巡礼路のル・ピュイの道の拠点としても有名なところです。

LE PUY EN VEREY

ピュイ・ド・ドーム以外でもピュイ・ド・サンシー地区でもハイキングは盛んで、食事も美味しい水を使用した料理を楽しめます!
タグ:
オーヴェルニュ地方 シェヌ・デ・ピュイ火山群 ピュイ・ド・ドーム クレルモン・フェラン オーヴェルニュハイキング 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
OSSI
チロルのスーパーガイド
エリア:
  • ヨーロッパ>オーストリア>オーストリアその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ 
投稿日:2018/12/07 18:56
コメント(0)
チロルといえば山ですが、山だけでなく川でも楽しませてくれるスーパーガイドをご紹介します。

既にチロルで30年間営業しているスポーツアクティビティーの会社です。
スポーツ・オッシー

http://sport-ossi.at

夏は山登りだけでなく、
クレッターシュタイグ(ヴィア・フェラータ)
ハイロープガーデン(日本のフィールドアスレチックのような感じ)
ラフティング
チュービング
カナディアンカヌー
カヤック
スラックライン
など

冬は
アルペンスキー
歩くスキー
スノーシュー
そりなど

とにかくチロルで身体を動かしたくなったらオッシーに!安全にとことん楽しませてくれます。

実は数日前(2018年12月)に四国88ヵ所巡りを娘さんと終えて大阪経由で帰国すると言うので居酒屋でいっぱい飲んできました。楽しい夕食でした。
奥さんが日本人なので娘さんはハーフです。もちろん日本語も少し話せます。英語も話せます。

お客さんを送ってもとても、たっぷり楽しませてくれるので安心してお願いできます。実は数年前私の息子もラフティングして来ました。

RAFTING

オッシーの拠点はクラムザッハ、インスブルックから東へ列車で約1時間。隣町のラッテンベルグがガラス工芸で有名です。クラムザッハはチロルの湖水地方です。湖に渓谷に山とどこへ行くにもベストポジション!活発なチロルライフをお楽しみ頂けます。
タグ:
チロル スポーツ・オッシー チロルハイキング チロルラフティング 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
SEEFELD夏
チロル州にある高原リゾート ゼーフェルト
エリア:
  • ヨーロッパ>オーストリア>オーストリアその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ 
投稿日:2018/12/04 15:25
コメント(0)
ネットの普及でどんどん世界が小さくなってきています。私がこの仕事を始めたころはチロルの情報などほとんどなく、山小屋の情報となるとさらに少なかったのですが、今ではトリップ・アドバイザーなどを翻訳してみると、結構情報を集められるようになりました。

それでも人気のスイスと違ってチロルやドロミテの日本人からの情報は少ないので、頑張ってあげていこうと思っています。


今日はチロルの州都インスブルックから列車で40分ほどで到着するゼーフェルトという村をご案内します。

標高1200mにある高原の村ですが、ヨーロッパでは冬季はノルディックスキーのメッカとしてとても有名な村です。アルペンスキーもできますが、冬に街を歩くと細くて長くて軽いノルディックスキーの板をもって歩いている人を多く目にします。日本のスキーリゾートではあまり見ない光景です

冬の村の中心も賑わっています

SEEFELD冬

ゼーキルヒルの横はノルディックスキーのスタート/ゴール

SEEFELD冬

アルペンスキーもできます

SEEFELD冬

そして夏はハイキングやウォーキングを楽しむ人で賑わいます。ヨーロッパでは日本と異なりゴルフ場はそれほど多くありませんが、ゼーフェルトでは高原ゴルフをお楽しみいただけるのも、人気の理由です。

この高原の村は明るくとても落ち着いた雰囲気の村で何度行っても楽しめるリゾートです。

最も有名なハイキングコースはケーブルカーとロープウェーでゼーフェルダーヨッホまで上がりここからゼーフェルダーシュピッツェを往復するコースで、初心者からお楽しみいただけるとても展望の良いコースです。

ゼーフェルト三山 左からゼーフェルダーシュピッツェ、ヘルメラーコプフ、ライターシュピッツェ

SEEFELD夏

2018年ここのケーブルカーから乗り継がれるロープウェーがリニューアル工事をして、運送料が大幅にアップしたのでこれまでよりも待ち時間が少なくゼーフェルダーヨッホへアクセスできます。

ここからドイツ最高峰のツークシュピッツェも望めます。正面にどっしりとしていて存在感のある石灰岩の山、ホーエムンデも印象的な山です。

山を歩くのが苦手な方は勾配の少ないヴィルト湖周辺の散策がお勧めです。途中、木に登るリスに出会えるかもしれません。

後ろに見えるヴェッターシュタイン山群の裏側はドイツ

WILDSEE

ヴィルト湖周辺は快適な遊歩道になっています

WILDSEE

私の友人のマーティンが村外れの農家で料理教室やBBQなどもやってくれます。充実したチロルライフをご提案できます。
タグ:
チロルスキー チロルハイキング ヨーロッパスキー ヨーロッパハイキング ゼーフェルト 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅
Solsteinhaus
チロルの山小屋事情
エリア:
  • ヨーロッパ>オーストリア>オーストリアその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 
投稿日:2018/12/03 17:03
コメント(0)
チロルの山小屋事情をお知らせします。

日本の山小屋はあまり評判がよくなかったりしますが、オーストリアやドロミテ周辺の山小屋はとても快適なのです。
インスブルックから近い山小屋でお勧めなのが、Solsteinhaus/ゾールシュタインハウスです。

部屋は綺麗で快適にリニューアルされていて、有料のシャワーもあり、食事も美味しいので文句のつけようがありません。

食事はこの綺麗なダイニングで

Dining

マットレスは1人ひとつ当たりますので、快眠をお約束します。

room

もちろん山小屋はここだけではありません。チロル中にたくさんありますが、どこも快適です。
是非ヨーロッパの山小屋ライフをお楽しみください!
タグ:
ヨーロッパハイキング ヨーロッパ山小屋 チロル山小屋 チロルハイキング 

PR
五感で感じる世界の旅
五感で感じる世界の旅

1 - 5件目まで(12件中)