1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アムステルダム(オランダ)観光地
  5. マヘレの跳ね橋の現地口コミ・地図

アムステルダム(オランダ)

現地のプロ(6人)詳細を見る

Magere Brug マヘレの跳ね橋

  • その他建造物
  • アムステルダム
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Magere Brug, Amsterdam, The Netherlands
アクセス
アムステルダム市営交通会社 (Gemeentevervoerbedrijf, GVB)のトラムでアムステルダム中央駅 (Amsterdam Centraal)からプリンセングラハト駅 (Prinsengracht)まで8分(10分間隔)。料金は片道1,22ユーロ。プリンセングラハト駅 (Prinsengracht)から徒歩4分。
駐車場
なし
投稿日2015/03/23

アムステル川に架かる木造の橋。船が通る時は橋が両方に開きます。

  • 観光おすすめ
  • 穴場

(フリージャーナリスト)

マヘレの跳ね橋は、アムステル川の下流にかかる木造の橋です。「市内で最古の橋」という記述も見られますが、今使われているものは、1934年に改築されたものです。もっとも、この場所には1600年代から橋があった記録がありますから、それを考えると「最古」ということになるのでしょうか? 

大きな船が通る時は、橋の道路部分が半分に分かれて持ち上がる可動式となっていることにも注目しましょう。1994年までは橋を開く際、人力で動かしていたそうですが、それ以降は自動で持ち上がるにようになりました。

「マヘレ」の語源には諸説ありますが、もっとも有力なのはオランダ語で「痩せた橋」という意味だから、という説。ところが別の伝説もあります。それは17世紀に最初の橋が出来た時のことにさかのぼります。川の両岸で暮らしていた裕福な家庭の姉妹が毎日どちらかの岸に渡り、必ず会うようにしていたのですが、行き来が面倒と考え、橋を造ろうとしました。しかし立派な橋を造るだけの十分なお金がなく、結果として随分と狭い幅の橋しかつくれなかったといいます。マヘレという名がついたのは、この狭い橋を架けた姉妹の名字がマヘレだった、する言い伝えです。

アムステルダムには数多くの運河観光の船が運航されており、このマヘレの跳ね橋の下を通るルートもあります。「橋が開いているところ」を見てみたいものですが、全くの不定期で開くため、いつのタイミングだと見られるかが事前にわからないのが残念です。

マヘレの跳ね橋、夜になると1,200個の電球が点灯し、美しいイルミネーションとなります。夕食後にぜひ見に行ってくださいね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
マヘレの跳ね橋周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する