1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. 旧博物館の現地口コミ・地図

Altes Museum 旧博物館

  • 美術館・ギャラリー
  • ベルリン
  • 価格帯入場料(大人) 10ユーロ
    入場料(学生) 5ユーロ
    博物館島コンビチケット(大人) 18ユーロ
    博物館島コンビチケット(学生) 9ユーロ
  • 定休日月曜日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Am Lustgarten, 10178 Berlin, Germany
アクセス
電車、ベルリンSバーン (S-Bahn Berlin)でベルリン中央駅 (Berlin Hauptbahnhof)からハッケシャー・マルクト駅(Hackescher Markt)まで4分(3分間隔)。料金は片道1,60ユーロ。ハッケシャー・マルクト 駅(Hackescher Markt)から徒歩7分。
営業時間
[火・水・金-日]10:00-18:00、[木]10:00-22:00
電話番号
+49-30-266424242
投稿日2015/04/16

ギリシャ・ヘレニズム文化が一堂に

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(ライター)

1830年創立の、新古典主義建築の代表作。設計はカール・フリードリヒ・シンケル。
ベルリンの主要な博物館が集まる、博物館島の中に位置します。

ベルリン大聖堂の隣で、ウンターデンリンデン通りからも、
大きなファサード(建物の正面部分)が目立つので、見つけるのは簡単です。
この上部にはラテン語で、「フリードリヒ ヴィルヘルム3世王が古代についての学問、
芸術への研究のため、この博物館を寄与する。1828年」と刻まれています。
帝国主義全盛期だったこともあり、とても威厳があります。

博物館島の展示品にはそれぞれにテーマがあり、
ここはギリシャ文化とヘレニズム文化にフォーカスが当てられています。ローマ時代のものもいくつかあります。

大理石の大きな彫刻、彫像や壺などがメインの展示品ですが、古代において使われていた硬貨コレクションは膨大。
ほかにも見逃せないものとして精密な金細工が上げられます。
博物館の中央部には円形のホールがあり、そこには古代ギリシャの神々が勢ぞろい。なかなかの見ものです。

第二次大戦中には空爆により、建物にも大きな損害を受けました。
内部に当時の様子を残している箇所があります。爆撃の激しさを垣間見れます。
1966年に再建が完了。

創立当初から新博物館、ペルガモン博物館とともに古代芸術品・美術品収集の本拠地でした。
特別展示で、功績のあった探検家や学者の胸像も置かれていて、
壁の解説では、ドイツの探検史・発掘史を垣間見ることができます。

二階に上がる際は、外に設けられている階段を使用するので、
寒い時期や夕方以降に観覧の場合は、上着をクロークに預けないほうがいいかもしれません。

観覧に要する時間は1時間から2時間ほど。付近に有名な博物館が集まっているので、ぜひ全てを制覇してほしいです。

ウンターデンリンデン通りをまっすぐ歩いてくると到着しますが、
最寄り駅は都市近郊電車(Sバーン)のハッケシャーマルクト駅。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
旧博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する