1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. セブ(フィリピン)ショッピング・お土産・買い物
  5. マンダウエ パークモールの現地クチコミ
セブ (フィリピン) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Mandaue Park Mall マンダウエ パークモール

カリパイ (セブ島在住ブロガー)

いつ行っても人が多い不思議なショッピングモール

  • いろいろ買えておすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全11枚)

セブ市のお隣マンダウエ市にあるショッピングモールと言えば、今回ご紹介する『パークモール(Parkmall)』が有名です。
パークモールは、SM・アヤラ・ガイサノ・ロビンソンなどのショッピングモールと異なり、2階建て&平面駐車場というちょっと変わった造りになっています。
ここを訪れるお客さんはフィリピン人が多いですが、最近では語学留学生の姿も数多く見かけます。

マクタンセブ国際空港からタクシーで約30分、アヤラモールからは約20分です。※道路状況による

パークモールの特徴をまとめると以下のようになります。

■メーカー店・専門的な店舗は少ししかない
■食事の選択肢が多い(すぐ隣にあるシティタイムスクエア含む)
■食料品売り場(スーパー)が充実している
■2階にある小売店街が外国人観光客に大人気

専門店が少ないとは、ブランド品や正規品を取り扱っているお店が少ないという意味です。価格帯の高い専門的なものを購入したいときは、アヤラモールかSMシティセブへ行くことをおすすめします。
一方、食事に関しては選択肢が多く割と重宝するでしょう。とは言え、高級なレストランではなく有名外食チェーンやファーストフード店がほとんどですが、手軽さは魅力的です。
また、食料品売り場はしっかり売り場面積を有しており、日用品や食料品はもちろん、セブ土産にもってこいなドライマンゴーやパパイヤ石鹸などを現地価格で購入することができます。また、輸入品を扱っているコーナーには日本食材も豊富に揃っているため、旅行の途中「ちょっと日本のカップラーメンが恋しいな」といったときには助かりますね。

そして、パークモールの最大の魅力と言えば、やはり2階にある小売店街でしょう。
ここは、小さな店舗がたくさん集まってちょっとしたマーケットのような感じになっています。扱っている商品は、ブランド物の時計・財布・カバンやシューズ・帽子・衣類などです。ブランド物と書きましたが、正しくはコピー商品・イミテーション(偽物)です。本物であれば超高価な商品が、ここでは驚くほどの低価格で販売されており、多くのフィリピン人(外国人観光客)が利用しています。
ご存じの通り、コピー商品を海外で購入し日本へ持ち込むことは違法行為ですので、くれぐれもご注意ください。とはいえ、見て回るだけでも楽しいので、一度雰囲気を味わってみるのもいいですね。その際、通路が狭く人も多いため貴重品の管理にはくれぐれもお気をつけください。

食事の選択肢が豊富、食料品売り場が充実している、お値打ち価格のコピー商品を取り扱っている店がある、これらのことから、平日・週末問わずいつ行っても多くの人で賑わっているのがパークモールです。
なお、パークモールではクレジットカード対応の可否が店舗によって異なるのでご注意ください。

2019/09訪問
杉田絵里子 (ウエディングコーディネーター)

セブシティとマクタンの間にある穴場なモール

  • いろいろ買えておすすめ
  • 穴場

セブシティの隣にマンダウエというエリアがあり、そこに位置する中型モール、「マンダウエパークモール Mandaue Park Mall」のご紹介です。
マクタン島のリゾートホテルからセブシティへ向かう道中、
このモールの前を通ることが多いので「あれはなんだろう?」と思って通り過ぎることの多い、穴場なモールです。
実際に観光客が訪れることは少なく、ローカルのフィリピン人や日本人のセブ在住者がよく行く場所です。

日本の100円均一のような、「66ペソ」(約145円)「88ペソ」(約193円)で日用品や小物が売られているショップがあり、なかなかの品ぞろえ。
そして、こちらのモールの特徴は、露店のような小さなお店がとても多い事です。
アクセサリーショップやカバン屋、靴屋などがひしめきあっています。
冷やかし半分に覗いてみてください。(購入意思があるのなら値段は交渉です)
なお偽物のブランド品がたくさん売られていますが、偽のブランド品を購入することはフィリピンでも日本でも禁止なのでお気をつけくださいね。
あまりに粗雑な作りや手作り感満載なロゴで、「偽物というよりジョークだよね?」と言いたくなるような品物も多いです。

レストランは、特にここという特筆すべきお店はないのですが、ピザハットやケンタッキー、ジョリビー、といった有名チェーン、
イタリアンやカレーやアジアン料理などローカルのチェーン店が入っています。

スーパーは黄色い看板でおなじみの「セーブモア SAVEMORE」。

マクタン島のリゾートに滞在している人が、「ちょっとした買い物するのにセブシティまで行くのは面倒だ」というような時にお勧めしていたのですが、
ここ数年はマクタンにも新しいモールやスーパーがどんどんできていますので、ますます穴場な存在になりそうです。

クレジットカードはスーパーやレストラン、商品の価格帯が高いお店では利用が可能ですが、小さなお店では使えないことが多いのでご注意ください。
なお、モール内に両替屋も入っています。

2017/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。