1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. ワット ジェットヨードの現地口コミ・地図

チェンマイ (タイ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Wat Ched Yod ワット ジェットヨード

仏教普及の中心地になったワット・ジェットヨード

  • 観光おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

 時間があったらぜひ訪れたいのがワット・ジェットヨード。観光客が大勢行く旧市街のお寺とは違い、のんびりした空気が流れている。広い敷地には、タイのお寺に見られない仏塔がどーんと立っている。仏教の聖地、インドのブッダガヤ寺院を模して作られたためだといわれている。長方形の土台の上にはお寺の名前になっている、7つ(ジェット)の突起(ヨード)があり、四方の壁に彫刻された天使の細工は一見の価値がある。また、境内にはスリランカから持ってこられたといわれる大きな菩提樹があるが、その意味を持つ「ワット・ポーターラーム」とこの寺を呼ぶ人もいる。 

 ワット・ジェットヨードは1456年にラーンナー王朝9代ティロガラート王によって建てられた。ティロガラート王は仏教の普及に力を入れていて、1477年にはここで第8回世界仏教会議(上座部仏教の仏典編纂会議)が開かれた。
 広い敷地にはお釈迦様に関する7つの建物や池、門、ティロガラート王の遺骨を納めた仏塔などが立っている。

 ちなみに、ラーンナーでは一生のうちに一度でも自分の干支のお寺を参拝すると大きな得をつめると考えられている。ワット・ジェットヨードは巳年のお寺なので、巳年生まれの人は参拝してみてはいかがだろうか。

【行き方】チェンマイ市内の北西、チェンマイ国立博物館の近く。Super Highway沿いにある。ニマーンヘーミン通りからは車で5分もかからないが、歩くには交通量が多いので、赤色ソンテーオ(乗り合いタクシー)かトゥクトゥクに乗ろう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。