1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. コペンハーゲン(デンマーク)観光地
  5. ラウンドタワー (円塔)の現地クチコミ
コペンハーゲン (デンマーク) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Rundetaarn ラウンドタワー (円塔)

カオル イナバ (フリーライター)

塔内のらせん通路の行きつく先は天文台!市の象徴「ラウンドタワー」

  • 眺望おすすめ
  • 定番人気

17世紀に建立され、ヨーロッパで最も古く、なおかつ現在も継続して使用されている天文台の「ラウンドタワー」。
ここにのぼれば、コペンハーゲン市の全貌をのぞむことが出来るという、まさに絶景スポットを提供してくれるふさわしい場所です。
ここは17世紀初頭に、時の王クリスチャン4世の要望により建設されました。

市内でもっともにぎわう歩行者天国を歩いていると、この天文台が見えてきます。
ここの最上階にのぼって市内を眺め渡すのは定番ですが、実際に天文台内で天文学を学ぶ学生のガイドに従い、天体観測が体験できる楽しみもあります。
また、天文台といえどもこのタワー内部には、劇場やホールなども併設されており、一種の多目的施設と呼べるでしょう。

施設内部は精密な設計によって築かれており、訪れる人たちをあっと驚かせること間違いなし。
内部の中心にある柱を軸に、急こう配の通路がらせん状に配されており、歴史を感じさせる物々しい雰囲気はまさに15世紀の最新建築技術の集大成ともいえるべきものです。

らせん状の通路を歩きつかれたら、休息用のベンチに腰かけ、展示されているア―ト作品を眺めるのもいいでしょう。
地元出身の画家たちの作品や、ときには著名人の芸術品に出会うこともあります。
また、週末を中心に、ミニ・コンサートが開催されることも。ミュージシャンたちが奏でる音を楽しむチャンスもあるでしょう。

建物内にある図書館を通り過ぎて階段をのぼると、地上約34mにある天文台に行きつきます。
天文学に興味がある方は予約を入れれば、天文学を学ぶ学生たちから、英語で指導を受けることができます(質問・予約は天文台のホームページをご覧になって下さい)。
塔内での所要時間は、じっくり見て歩くのなら約2~3時間とみておけばよいでしょう。

ラウンドタワーへのアクセスは、徒歩がいいでしょう。
滞在先のホテルから少々遠い場合は、貸し自転車を使いましょう。
夏時間(通常5月から10月)は毎日、内部を公開しています。
入場料は、大人1人25デンマーク・クローネ、子供(5歳から15歳まで)が5デンマーク・クローネです。

2017/12訪問
  • ジャンル
    その他建造物
  • エリア
    コペンハーゲン
  • 住所
  • アクセス
    ノアポート駅(Noerreport)から徒歩3分
  • 電話番号
    +45-33-730373
  • 営業時間
    夏季10:00‐20:00、冬季[月,木-日]10:00‐18:00、[火,水]10:00-21:00
  • 定休日
    12月24日、12月25日、1月1日
  • 予算
    大人 25デンマーククローネ
    5歳以上15歳以下 5デンマーククローネ
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。