1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ドバイ(アラブ首長国連邦)ショッピング・お土産・買い物
  5. オールド・スーク(テキスタイル スーク)の現地クチコミ
ドバイ (アラブ首長国連邦) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Old Souk (Textile Souk) オールド・スーク(テキスタイル スーク)

ゆん (フリーライター)

エキゾチックな雑貨巡りはここで決まり!

  • いろいろ買えておすすめ
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

ドバイのバール・ドバイ地区にあり、運河(ドバイ・クリーク)沿いに作られた市場(スーク)です。
周囲に「バスタキヤ地区」や対岸に「スパイス・スーク」など、観光スポットがぎゅっと集結しているので、
アグラという小舟(1ディルハム)に乗ってドバイ・クリークを行き来しながら、散策が楽しめるエリア。
メトロの最寄駅はアル・グバイバ駅、徒歩10分から15分程度で到着できます。
アグラに乗ってドバイ・クリークを渡りたい場合はアル・ラス駅で降りて乗船し、スークを目指してください。

ヴィンテージ感漂うアーケードの下に、アラビアンな衣装や雑貨が豊富に揃ったお店が軒並み連なっています。
特に、肌ざわりが心地いいカシミアやパシュミナのストール、刺繍が可愛いクッションカバーなど布製品が充実していて、
別名テキスタイル・スークといわれる所以だなと感じました。

スークを散策していると良く言えばフレンドリー、悪く言えばちょっぴり強引な店員さんたちが、
ありとあらゆる手段で自分のお店をアピールしてきます(笑)。
「カワイイネー」「オカチマチー!」「ヤスイヨー!」と、片言の日本語で話しかけてきたり、
日本で発売されているドバイのガイドブックを開き、「僕のお店はとっても有名なんだ!」とプレゼンしてきたり、
なかには無理やりストールを首に巻いてくる、非常に距離感が近い店員さんもいます。
時にお店の中から、ただただ笑顔でこちらを見つめてくる店員さんがいたりなど、戦法は様々なようです。

店員さんたちの押しの強さを不快に感じる方も多い、というのが正直なところかもしれません。
実際私も友人と訪れた際は、そそくさと退散したい派と、
客引き行為をもろともせず、スークの醍醐味“値切り交渉”を見事に成功させて、
ショッピングを心行くまで満喫した派と2パターンに分かれました(笑)。

どのお店も値切り交渉は必須で、店員さんとコミュニケーションを取って仲良くなると、大幅な値下げに応じてくれます。
私は友人と合わせて4枚のワンピースを購入し、合計で100ディルハムのところ、60ディルハムまで頑張りました!
英語が共通語なので、どのお店も英語で交渉が可能です。支払いはクレジット対応可能な場合と一部対応不可なお店もあるのでご注意ください。

またお会計の時、店員さんがおつりを多く持ち合わせてない場合もあるので、
1000ディルハムや500ディルハム札を避け、100、50、20、10ディルハムを多めに持参しておくと支払いがスムーズです。

色違いでストールを購入したい!バラマキ用のお土産をたくさん購入したい!という方は、
是非店員さんたちに圧倒されず、同じくらいのエネルギーを発して強気で値段交渉に挑んでみて下さい。
客引き行為はちょっぴり苦手という方も、スークの入り口だけでも立ち寄って、異国情緒感溢れ、人が多く行き交うにぎやかさを体感してみて下さいね♪

2018/11訪問
西田 麻紀 ((株)エブリシングオーケー代表)

ドバイで最もカラフルな場所!? パシュミナやカシミアも大人買い!

  • 地元名産品おすすめ
  • 穴場

ドバイの昔ながらの街並みが広がるテキスタイルスーク。その名の通り「生地専門市場」ですが、ここではアラビック調の小物やストール、モロッコスタイルのサンダル等、素敵なお土産アイテムも売られています。その品質はしっかり自分の目で確認する必要はありますが、ホテルやショッピングモールで購入するより断然お得なこともあり、値段交渉の余地がある店もあり、楽しみながら買い物ができる人気なスポットです。
ここでは、出来合いの既製品を購入する以外にもおすすめの楽しみ方があります。生地を専門で扱う業者が多いこのエリアには、その生地で洋服を作ってくれるテーラーショップも数多く存在します。格安で?人生初のテーラーメイド服を作ってみてはいかがでしょうか?私は、『ドバイワールドカップ(国際的な競馬レース)』などに着て行くドレスなど、自分で生地やレースを選び、お財布に優しいお値段でいくつか作ってもったこともあります。服のデザインは、自分で伝えることもできるし、自分の洋服を持ち込んで同じ形のものを注文したり、センスの良いテーラーには、雑誌にある写真を見せて作ってもらうことも。手芸が得意な人は、ドバイで上質な生地をリーズナブルに購入し、ドバイでの時間を思い出しながら日本で自分だけのオリジナルの洋服を作るのも素敵ですね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。