1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フランクフルト(ドイツ)グルメ
  5. リストランテ サルディーニャの現地クチコミ
フランクフルト (ドイツ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Ristorante Sardegna リストランテ サルディーニャ

イタリアのサルディーニャ地方の家庭料理が食べられるイタリアンは、忘れられないほどのおいしさ

  • イタリア料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全5枚)

こちらの「リストランテ サルディーニャ」は店員さんもフレンドリーでサービスも良く、英語での接客はもちろん、日本語メニューも用意されているイタリアンレストランです!

伝統的な郷土料理とヌーベルキュイジーヌ(フランス語で新しい料理)の融合された、兄弟シェフが手掛けるおいしいイタリアンは忘れられないほどのおいしさです。
フォアグラや新鮮な魚やシーフード、自家製パスタ、お肉料理、デザートなど、美味しいサルディーニャ料理を楽しめます。

こちらのお店では何を食べてもおいしいのですが、私のおすすめはSpaghitusuBottarga(スパゲットゥスボッタルガ)12.5ユーロです。
サルディーニャ産のカラスミのボッタルガが入った繊細な風味のバターソースのスパゲッティです。メニューには他にいろんな魚介が入ったボッタルガのスパゲッティがありますがシンプルなのがおすすめです。

もうひとつは、PiccataMilanese(ピカタミラネーゼ)18.50ユーロです。これはトマトスパゲッティとミラノ風カツレツです。これは面白い組み合わせですが、嫌いな人はいませんよね。ミラノ風カツレツが絶品でした。

フランクフルト市内にあるイタリアンレストランで頂けるスパゲッティはアルデンテではないものが多くがっかりすることが多いのですが、こちらのお店ははずれがありません。ぜひ素敵な雰囲気のリストランテサルディーニャはいかがでしょうか。クレジットカードはVISA、Mastercard、Amex、Maestroがご利用いただけます。
 
場所はKonstablerwache(U4,5,6,7)から徒歩3分です。

2018/09訪問

サルディーニャのマンマの味!絶品カラスミパスタ

  • シーフードがおいしい
  • 定番人気

他の写真も見る(全8枚)

日本人がリピートする人気のサルディーニャ料理店をご紹介します。

イタリア領サルディーニャはシチリア島の次に大きな離島で、海産物に富んだ土地。シーフードを主役とした料理は日本人の口にも良く合います。
この店を推す理由は何といってもBottarga〔ボッタルガ〕(日本でいう「カラスミ」)です!

アクセスは電車Uバーン4,6,7番のKonstablerwache駅から5分ほど歩いたFahrgasse通りに面しています。

店内は清潔で広く、丁寧なサービスが気持ち良い。
ミネラルウオーターのボトルを頼むと、「宜しければレモンかミントをお入れします」とウェイターからの嬉しい提案。
更に、お子様連れの方には、キッズ用のカトラリーを用意してくれたり、細やかな配慮にホスピタリティを感じます。

さて、お料理は故郷サルディーニャの母の味を受け継いだ二人の兄弟シェフの腕によって展開します。
まず必ずサーブされるのが、自家製フォカッチャやグリッシーニの盛り合わせと野菜のディップ。美味しいので進んでしまいますが食べ過ぎに注意です。

前菜からお料理をご紹介します。
Carpaccio vom Thunfisch mit Ruccola(鮪のカルパッチョとルッコラ)
爽やかなレモンの風味が効いていて、辛口の白ワインとよく合います。

お勧めしたい前菜はこちらです。
Antipastu Gennargentu Pecorinokase, reife Salsicciawurst und Rohschinken aus Sardinien(ペコリーノチーズ、サルシッチャ、鰯のマリネの前菜プレート )11.50ユーロ。
鰯を意味する英語”Sardin"〔サーディン〕は産地であるサルディーニャが由来だそうです。サルシッチャのコクを鰯が見事に中和してやや舌に残る塩気がまた後を引く美味しさです。

そして、絶品のカラスミパスタを是非!
Spaghitusu Buttariga (カラスミのスパゲッティ)10.50ユーロ
日本人の来店に慣れているので、日本語で「カラスミ」といえば通じますよ。オイルとパスタがよく馴染み、カラスミが香り高くはじけるような独特な食感もあって重層的なハーモニー。
「カラスミはしょっぱくて苦手」という方にも納得して頂けるでしょう。

最後にご紹介するのは、メニューには載っていない、シェフのお勧めの逸品。黒トリュフをふんだんに盛ったラビオリです。
鍵のかかった木箱に大切に保管された黒トリュフを眼の前で開けて削りかけてくれます。食欲をそそる独特の香りに魅了されます。
こちらは季節限定なので秋頃に訪問すると出会えることでしょう。

スタッフは流暢な英語を話しますので是非会話を楽しんでみてください。
旬の食材を使ったメニューを提案してくれます。
ワインとのマリアージュを愉しむのも素敵ですね。

シェアはせず、前菜とパスタを一皿ずつオーダーし、グラスワインと食後のカプチーノも堪能して、一名あたり40~50ユーロほど。お酒を良く飲まれる方は少し多めに予算を見ておくと良いですね。パスタは麺の量が多いのでシェアされても良いかもしれません。
コストパフォーマンスの高い優良店です。

祝日は問い合わせしたほうがベター。早めの来店ならばランチは予約不要でしょう。ディナーは要予約です。ウェブサイトから直接オンラインで予約できますよ。クレジットカードもご利用いただけます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。