1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フランクフルト(ドイツ)グルメ
  5. ベスト ヴォルシュト イン タウン(グリューネブルク店)の現地クチコミ
フランクフルト (ドイツ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Best Worscht in Town(Grueneburgweg) ベスト ヴォルシュト イン タウン(グリューネブルク店)

ドイツで人気のB級グルメ!“癖になる味”カリーヴルストを食べるならここ

  • ファストフードがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全7枚)

ドイツを代表する味に欠かせないものといえば、ヴルスト(ソーセージ)とポメス(フレンチフライ)!

このようなファーストフード店(ドイツではインビスと言う)が街にはたくさんあります。その中でも「Best Worscht in Town」は、気軽に立ち寄って、お店の前にスタンドがあるので立って食べるスタイルのお店です。ランチタイムにはいつもビジネスマンや学生で賑わっています。私が出かけた小雨が降るその日も、たくさんの人で行列ができていました。

おすすめは、カリーヴルスト(3.40ユーロ)です。ソーセージにケチャップとカレー粉がかけてあり、ちょっぴり辛いけど癖になる味で、とてもおいしいですよ。辛さは自分で選べますが、普通でもそれなりに辛いと思いますので、辛いものが苦手な人は気をつけてくださいね(4枚目の写真も参考に)。日本では味わったことがないような味なので、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

次におすすめするのは、やはりポメスです。外はカリカリ、中はホクホク! 一つ一つが太めのポメスは食べ応えがあります。量が選べて少ない方が2.10ユーロ 普通の量が2.50ユーロです。50セントでケチャップかマヨネーズを選ぶことができます。シェアして食べるなら普通の量がおすすめです。

なお、支払いは現金のみになります。スタッフはとても気さくに英語で声をかけてくれて、フレンドリーでしたよ。

お店へのアクセスは、UバーンのGruneburgweg(グリューネブルクヴェーク)駅から徒歩約5分、グリューネブルク通り沿いにあり、周辺にはレストランやドラッグストアdmや郵便局などがあります。目印は真っ赤な外観のお店です。

また、フランクフルトの中心部Hauptwache(ハウプトヴァッヘ)周辺にも同じチェーンの支店があります。
1カ所目はキッチン専門店で有名な「LOREY」がある通りの並びの北側(Schillerstrasse 18, Frankfurt)、もう1カ所はショッピングモールMyZeilからKonstablerwache(コンスタブラーヴァッヘ)駅方面に行く途中、中央部分(Zeil 104, Frankfurt am Main)にあります。
観光途中に気軽に寄ってみてはいかがでしょうか。

2019/10訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。