1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ハノイ(ベトナム)観光地
  5. ホアロー収容所の現地口コミ・地図

Hoa Lo Prison ホアロー収容所

  • その他建造物
  • ハノイ
  • 価格帯1人 30000ドン
  • 定休日なし

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
1 Hoa Lo, Quan Hoan Kiem, Hanoi, Vietnam
営業時間
8:00~11:30
13:00~16:00
電話番号
+84-24-8246358
投稿日2015/03/25

ハノイ市内に残るベトナム独立の苦難の跡 

  • 観光おすすめ
  • 穴場

(日本語教師)

ハノイの市街の中心部に、フランス植民地時代の刑務所、があります。フランス支配に抵抗するベトナム人がここで捕らえられたり、殺されたりしたところです。刑務所の黄色い建物のすぐ後ろはハノイ・タワーです。収容所の残りの約3分の2の部分は取り壊されて、ハノイ・タワーと呼ばれる高級マンションとビジネスオフィスが入った高層ビルとなっています。現在、収容所の一部が保存されて、博物館になっています。1896年、この場所に、フランスが刑務所を造り、ベトナムの愛国者や革命家が投獄され、拷問を受けたり殺されたりしました。中でも死刑に用いられたギロチンの展示は有名ですね。内部は、当時のままの牢獄や囚人であるベトナムの愛国者や革命家が鎖につながれて、投獄されたり、拷問されたりする様子を人形などで再現して展示しています。ベトナムの自由と独立を求めて闘ったベトナムの愛国者の顕彰の展示もあります。ホアロー収容所はフランス植民地時代のベトナム人の苦難の姿を示しています。ちょっと重い展示ですが、近代のベトナムの歴史を知るうえで貴重な場所です。余談ですが、1992年に公開されたカトリーヌ・ドヌーブ主演のフランス映画「インドシナ」この独立運動当時のベトナムを舞台にしていますね。また、アメリカとのベトナム戦争のときもこの刑務所はベトナム政府の管轄の下、撃墜されたアメリカ人パイロットを収容していました。アメリカ人からは、「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれていました。有名なヒルトンホテルは「ヒルトン・ハノイ・オペラ」という名前なので、うっかりタクシーの運転手に「ヒルトンホテル」というと、ここに連れてこられるかもしれませんね。ハノイの市街を散策しながらここを訪れるのもいいでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ホアロー収容所周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する