1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)ショッピング・お土産・買い物
  5. ボンボネリア サンタの現地クチコミ
マドリード (スペイン) ショッピングの現地クチコミ

Bomboneria Santa ボンボネリア サンタ

河合妙香 (記者、カメラマン、経営者)

大切な人のお土産は、古き良きマドリードを伝えるエレガントなチョコレート店で

  • スイーツおすすめ
  • 地元っ子に人気

プラド美術館が開館してからすでに100年がたち、マドリードにカフェ文化が花開いていた1932年。コーヒーとお茶のディストリービューターとして「ボンボネリア・サンタ」は創業しました。

人々が社交と文化的談義を楽しむ粋なカフェが、マドリードにはいくつもオープンしていたのです。

南米やアフリカから持たさられるカフェは自家焙煎。アジアから直輸入されたお茶とともに、それらのカフェに卸したところ大評判になり、当時は5軒も店舗を構えてビジネスをしていたと言います。

現在のセラーノ通りには、1950年に店を構えました。ロエベのセラーノ店オープンは1959年。セラーノ通りがマドリードの中心になっていく歴史を物語っていますね。

アジアンなコロニアル・テイストのお茶缶や花瓶、画鋲がおしゃれな金色の棚、メタルの螺旋階段。高い天井にはレトロなライト。近年張り替えた壁布以外は、デコレーションは当時のままです。

ボンボネリアとは、「ボンボン専門店」の意味です。ボンボンは、日本語ではリキュールの入った丸いチョコレートというイメージですが、フランス語では飴玉の意味。

ところが、スペイン語では、フランス語のいわゆる「ショコラ」が「ボンボン」なのです。

最高級の素材で丁寧に作られた職人技のチョコレートは、形と大きさが違っても、何を選んでも、値段は量り売りです。

トリュフ、マカロン、ストロベリー味、繊細な糸を重ねて薪をイメージした「レーニャ」など、どれも美味。筆者の個人的なオススメは、ピスタチオ味のマザパンです。

スペインで獲れる濃厚なピスタチオと、スペイン名物のアーモンドをペーストにした、グリーンのマザパンを甘さを控えたブラックチョコレートで包んだ一品は、マザパンで有名なトレドでもお目にかかれません。上品な味わいは、赤ワインにも不思議と合いますよ。

お店に入ると、「TOLEDO」と書かれたレトロなレジが目に入ります。スペインのトレドではなく、米国オハイオ州のトレド産。かつてスペインのトレドから移民した人々が築いた工場の街。
スペインのトレドとも姉妹都市になっていますが、こんなところでその歴史を見聞するとは、面白いですね。

ボンボネリア・サンタのもう一つの自慢は包装布。布職人が作る特製の布が包装紙として用意されていたり、陶器のお皿やシマウマのイラストの入った箱など、手の込んだパッケージに、目が惹かれます。

大切な人のお土産はボンボネリア・サンタで買いたい。そういう気持ちになるすてきなチョコレート屋さんです。

  • ジャンル
    ショップ
  • エリア
    マドリード
  • 住所
  • アクセス
    地下鉄 Serrano駅から徒歩約4分
  • 電話番号
    +34-915 76 86 46
  • 営業時間
    [月]10:00-14:00、17:00-20:30、[火-土]10:00-20:30
  • 定休日
    日曜日
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。