1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)ショッピング・お土産・買い物
  5. ティミールの現地クチコミ
マドリード (スペイン) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Timyr ティミール

ミキータ (ホテル&グルメライター)

日本人の好みを熟知した頼りになるお土産屋さん

  • いろいろ買えておすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

日本からのお客様がマドリードに来た時に、必ずお連れするお店がこちら、ティミール(Timyr)。
場所は、プラド美術館のチケット売場と入口から道を挟んで向かい側、地下鉄バンコ・デ・エスパニャ駅から徒歩10分の位置にあります。

ブランド品であれば、この店で扱っているスペインブランドのTOUSがお勧め。
テディベア模様の可愛らしいデザインが特徴ですが、このお店が扱っている商品は可愛いらしいデザインでありながら、
シックな色合いでA4書類が入るトートバックなど日本で使いやすい物が多いです。

それもそのはず、このお店では、熟練の日本人スタッフが年に2回のマドリード、ミラノ、パリでのコレクションに出張し、
日本での流行や嗜好にあった最新の商品を注文しているのです。
最近、街中のブランド直営店やアウトレットショップでは、中国観光客の好みを意識してか、
従来の欧州ブランドらしくない派手な色合いやロゴを強調したような商品が増えていて、好みにあった商品を見つけるのが難しくなりました。
そんな中、日本人にあった商品をキープしてくれているのは嬉しいですね。

また、有名ブランドではないけれど、スペインらしい熟練の職人による柔らかい羊革のバッグや小物も多く揃えています。
青、ピンク、赤など綺麗な色のキーホルダー、お財布、ポーチ、ポシェットなどの小物は比較的にお手頃価格で人気。
私自身、キーホルダーとポシェットを購入し、愛用しています。特に、猫の形のキーホルダー(16.8ユーロ)は5年前に購入して、まだ現役です。

そして、職場やお仲間に菓子折りを持って行かないとという方にイチオシは、干しイチジクのチョコレートボンボンです。
昨年、日本の友人と来店した際に試食を勧められ、友人ともども味が気に入り、
友人は9個入り(10.9ユーロ)を数箱、私は自宅と義実家用に6個入り(7.40ユーロ)を2箱買って帰りました。
義実家でも大絶賛されたので、お店に行くたびに購入しています。

このお菓子は日本人の好みにあわせて、メーカーにコーティングのチョコレートの甘味を抑えるよう指示して作らせている特注品だそうです。
スペインでは珍しく、個別包装で箱入りなのも、職場やグループで配る際に便利です。

お店の外観が高級感があり敷居が高く感じられるかもしれませんが、店内は意外に明るく奥行きが広く、商品が見やすく展示されています。
お店のスタッフはほとんど日本人で、スペイン人スタッフも日本語ができる人が多いです。もちろん、各種クレジットカードの使用が可能。

目や舌の肥えた人達に贈って喜ばれるようなお土産を見つけたい方、記念に何かスペインの良質の皮製品やブランド品を買って帰りたい方、
そういう方々に「何か見つかる」頼りになるお店です。
 

2019/02訪問
伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

スペインの名品を数多く取り揃える、ツアー客御用達の店

  • ファッション・生活雑貨おすすめ
  • 定番人気

プラド美術館の目の前、マドリード屈指の伝統的なホテル・リッツに隣接するブランド・ブティックです。スペインを訪れる日本人ツアー客向けのお店として、長年に渡り親しまれています。
日本人が好む数多くのブランドをしっかりとラインナップ、時間に制約のあるツアー客にとって、1カ所であれこれと手に入るのは大きなメリットと言えるでしょう。日本語で対応してもらえるのも魅力です。

扱いブランドとしては、スペインの代表的なブランドと言えるLOEWEをはじめ、靴のPIKOLINOSにCAMPERなどがあるほか、スペインのプロサッカーチーム、レアルマドリードやFCバルセロナのオフィシャルグッズも取り揃えています。スペインの民芸品や特色あるお菓子もあります。

個人旅行客でももちろんお買い物ができますから、美術館の帰りに立ち寄ってみましょう。ただ、ランチタイムは一旦、店が閉まりますので注意して下さい。

2016/10訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。